2005.11.02

NITEとアステラス、中外がベトナムで微生物を共同探索

 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)とアステラス製薬、中外製薬は11月2日、ベトナムの微生物を現地で共同で探索、収集、分離し、それらの産業利用の可能性を探る初めての産官共同事業を11月から開始すると発表した。NITEがベトナム政府との間で構築してきた枠組みを利用することで、企業が自らベトナムでニーズに合った微生物を集められる環境が整うことになるという。

 微生物資源は医薬品の探索源として重要だが、生物多様性条約に則って、海外の微生物資源にアクセスすることは企業単独では負担が大きい。日本の政府機関がバックアップすることで、日本企業が少ない負担で東南アジアの多様な生物遺伝資源にアクセスできる。企業ニーズに合った微生物を利用できるように産官が共同で海外の微生物探索を行う最初のケースとなる。

 NITE、アステラス製薬、中外製薬は11月から12月にかけてベトナムへ渡航し、主にベトナム中部地方を中心として微生物を分離するための試料の収集を行う。 ベトナム国立大学ハノイ校の施設で試料から各社の目的にあった微生物を分離する。分離した微生物は、ベトナムの合意の下で日本へ移転される。 その後、それらの微生物は両社に提供され、創薬のための有用物質の探索等が行われる。 研究成果から特許登録や商品化に至った場合には、ベトナム側にも収益の一部が還元される。

 NITE は、ベトナム政府との間で、生物遺伝資源の保全と持続的利用に関する協定を結んでおり、2004年度からベトナム国立大学ハノイ校と共同研究を実施している。この事業にはベトナム側への技術移転や同国の微生物学の発展に貢献する側面もあるという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:253
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:418
  3. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:127
  4. スタチン:首位クレストールにリピトールが迫る NMO処方サーベイ FBシェア数:3
  5. 単回使用医療機器に関する通知が揺れたワケ 短期集中連載◎どう読む?医療機器の再使用に関する通知(1) FBシェア数:17
  6. 新禁煙宣言、禁煙指導の技能が専門医資格要件に 学会トピック◎第40回日本高血圧学会総会 FBシェア数:151
  7. 交替時間のオーラ 病院珍百景 FBシェア数:9
  8. 腸管透過性亢進に関連する疾患にルビプロストンが有… 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:2
  9. 患者の言葉を“翻訳”するための質問 患者の心を開くメディカル・サポート・コーチング塾 FBシェア数:2
  10. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:92