2005.11.02

NITEとアステラス、中外がベトナムで微生物を共同探索

 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)とアステラス製薬、中外製薬は11月2日、ベトナムの微生物を現地で共同で探索、収集、分離し、それらの産業利用の可能性を探る初めての産官共同事業を11月から開始すると発表した。NITEがベトナム政府との間で構築してきた枠組みを利用することで、企業が自らベトナムでニーズに合った微生物を集められる環境が整うことになるという。

 微生物資源は医薬品の探索源として重要だが、生物多様性条約に則って、海外の微生物資源にアクセスすることは企業単独では負担が大きい。日本の政府機関がバックアップすることで、日本企業が少ない負担で東南アジアの多様な生物遺伝資源にアクセスできる。企業ニーズに合った微生物を利用できるように産官が共同で海外の微生物探索を行う最初のケースとなる。

 NITE、アステラス製薬、中外製薬は11月から12月にかけてベトナムへ渡航し、主にベトナム中部地方を中心として微生物を分離するための試料の収集を行う。 ベトナム国立大学ハノイ校の施設で試料から各社の目的にあった微生物を分離する。分離した微生物は、ベトナムの合意の下で日本へ移転される。 その後、それらの微生物は両社に提供され、創薬のための有用物質の探索等が行われる。 研究成果から特許登録や商品化に至った場合には、ベトナム側にも収益の一部が還元される。

 NITE は、ベトナム政府との間で、生物遺伝資源の保全と持続的利用に関する協定を結んでおり、2004年度からベトナム国立大学ハノイ校と共同研究を実施している。この事業にはベトナム側への技術移転や同国の微生物学の発展に貢献する側面もあるという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート FBシェア数:150
  2. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:27
  3. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:190
  4. 「医療機関で麻疹拡散」は何としても防ぎたい パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:101
  5. 「入院は嫌」94歳患者に肝膿瘍が生じたら… 新田國夫の「直伝・高齢者診療の極意」 FBシェア数:37
  6. セレコックスが増えたのは薬剤師のせい!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:55
  7. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊 FBシェア数:66
  8. 切除不能膵癌のconversion surger… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:10
  9. ゲノムに基づく戦略に進化した肺癌診療 特集◎癌ゲノム医療がやって来る《1》 FBシェア数:21
  10. 高強度スタチン治療で末梢動脈疾患の転帰改善 Circulation誌から FBシェア数:34
医師と医学研究者におすすめの英文校正