2005.11.01

シェリング・プラウの悪性神経膠腫治療薬テモゾロミドが優先審査品目に指定 

 シェリング・プラウ(本社:大阪市中央区)は10月31日、悪性神経膠腫の治療薬テモゾロミド(商品名:テモダールカプセル)の輸入承認申請を行い、9月30日付で厚生労働省から優先審査品目に指定されたと発表した。

 テモゾロミドは、7月22日に開催された厚生労働省の未承認薬使用問題検討会議で、早期承認申請と、放射線との併用による安全性確認試験の実施提案が行われていた。現在、テモゾロミドは世界77カ国で承認されている。

 悪性神経膠腫(退形成性星細胞腫、膠芽腫など)の標準的治療は、初発の場合、腫瘍を取り除く減量手術後に放射線療法と化学療法を併用し、その後は維持療法として化学療法を行う。再発の場合は、放射線療法がほとんど使えないため、化学療法のみとなる。日本における悪性神経膠腫の年間発生患者数は、約2500人と推定され、そのうち退形成性星細胞腫と膠芽腫の割合が合わせて80%以上となっている。

 テモゾロミドは、細胞毒性を示すアルキル化剤に分類される抗悪性腫瘍剤で、経口薬でありながら、脳脊髄液に良好な移行性を示し、高い治療効果をもたらす低分子化合物。細胞毒性薬の抗腫瘍活性は、腫瘍細胞など、急速に分裂する細胞の複製を阻害することで発揮される。日本と海外の臨床試験において、テモゾロミドは初発と再発の悪性神経膠腫に対して、高い治療効果を示しており、また、初発の膠芽腫患者において、初めて生存期間の延長が証明されたという。(星野康)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:57
  2. 相撲界の日馬富士騒動を医療界に例えたら…… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:27
  3. 失敗しやすい第2のポイントは針の進め方と深さ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:11
  4. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:20
  5. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  6. 「かぜ診療の見直し」は日英共通の課題 特別対談 日英で進む薬剤耐性(AMR)対策 FBシェア数:217
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:24
  8. 服用中にチーズを食べない方がいい薬って? 医師のための薬の時間 FBシェア数:6
  9. たばこじゃなくて加熱式たばこなら大丈夫ですか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:133
  10. アラフォー医師に訪れる危機(クライシス) 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:79