2005.10.30

【裁かれたカルテ】術中の摘出標本の処理を誤り、胆のうがんを見落とす 診療上の過失を認め、2000万円余の損害賠償命じる

 腹腔鏡下で胆のう摘出術を受けた患者について、術中の摘出標本の処理を誤って胆のうがんを見落とした過失があったとし、被告病院に2000万円余の損害賠償を命じる判決があった。

 裁判は、腹腔鏡下胆のう摘出術を受けたA患者が胆のうがんの再発により死亡したのは、術前の超音波検査で胆のうがんの合併が強く疑われたのに不適切な術式を選択し、また術中の摘出標本の処理を誤って乾燥させたことにより存在したはずの胆のうがんを見落とし、さらに胆のうの摘出に際して手技ミスを犯したからだなどと主張、患者遺族が6000万円余の損害賠償を求めて提訴していた(詳しくは有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」で提供しています)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:6
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  3. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:93
  4. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1788
  5. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  6. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:49
  7. 臨床研究法が臨床研究を撲滅する 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:9
  8. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:407
  9. 患者の同意なく雇用先に診療情報漏示は違法 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  10. はしかを診たこと、ありますか? わかる!院内感染対策 FBシェア数:84