2005.10.30

【裁かれたカルテ】術中の摘出標本の処理を誤り、胆のうがんを見落とす 診療上の過失を認め、2000万円余の損害賠償命じる

 腹腔鏡下で胆のう摘出術を受けた患者について、術中の摘出標本の処理を誤って胆のうがんを見落とした過失があったとし、被告病院に2000万円余の損害賠償を命じる判決があった。

 裁判は、腹腔鏡下胆のう摘出術を受けたA患者が胆のうがんの再発により死亡したのは、術前の超音波検査で胆のうがんの合併が強く疑われたのに不適切な術式を選択し、また術中の摘出標本の処理を誤って乾燥させたことにより存在したはずの胆のうがんを見落とし、さらに胆のうの摘出に際して手技ミスを犯したからだなどと主張、患者遺族が6000万円余の損害賠償を求めて提訴していた(詳しくは有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」で提供しています)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:53
  2. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  3. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:22
  4. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:287
  5. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  6. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:90
  7. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:244
  8. 地域医療連携推進法人の運用ガイドライン決まる 制度の内容がほぼ確定、4月2日にも第1号認可か FBシェア数:8
  9. 昨年11月時点の7対1病床、半年間で6105床減 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:8
  10. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385