2005.10.30

【裁かれたカルテ】術中の摘出標本の処理を誤り、胆のうがんを見落とす 診療上の過失を認め、2000万円余の損害賠償命じる

 腹腔鏡下で胆のう摘出術を受けた患者について、術中の摘出標本の処理を誤って胆のうがんを見落とした過失があったとし、被告病院に2000万円余の損害賠償を命じる判決があった。

 裁判は、腹腔鏡下胆のう摘出術を受けたA患者が胆のうがんの再発により死亡したのは、術前の超音波検査で胆のうがんの合併が強く疑われたのに不適切な術式を選択し、また術中の摘出標本の処理を誤って乾燥させたことにより存在したはずの胆のうがんを見落とし、さらに胆のうの摘出に際して手技ミスを犯したからだなどと主張、患者遺族が6000万円余の損害賠償を求めて提訴していた(詳しくは有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」で提供しています)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 新制度、おまえはもう… 思案橋に夜9時でよかですか? FBシェア数:37
  2. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:67
  3. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:72
  5. 頭に何かできました。もしかしてガンですか? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:33
  6. 働き方改革とは働き方の多様性を認めること シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:35
  7. 血糖値スパイクが発覚した意外な食事 堀籠淳之の「日々是精進!薬剤師道場」 FBシェア数:174
  8. 慢性便秘に対する大建中湯の効果を検証する試験が進… 学会トピック◎第14回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:86
  9. HER2陽性進行乳癌への毒性を軽減したエリブリン… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:23
  10. 一酸化炭素中毒の後遺症をMRIで予測する JAMA Neurology誌から FBシェア数:41
医師と医学研究者におすすめの英文校正