2005.10.28

【高齢化に関する論説】 雨の降る前に

 「長寿社会」の新しいネットワーク作りを考える「方円の器」を主催する江上尚志氏の「高齢化に関する論説」から、「雨の降る前に」を紹介します。

■■□ 高齢化に関する論説
■■□ 雨の降る前に     江上尚志氏

 思いがけない人から電話をもらう。もしかしたら“善くないことがあったのではないか”と知らないうちに心の中で身構えている。そういうときに限って時候の挨拶が長くて本題に入らない。相手をビックリさせないためにどうするか、心の準備をする時間を作ってあげようとしているのだろうか。それが年配者に多い生活習慣なのかもしれない。若いうちは“年寄り”のそうした態度がたまらなく嫌だった。これは“準備なんかしない”という生活態度に共通することでもある。そのことに気づくのが遅かったかもしれない。

 考えているレベルから十分準備をしているまで様々なクラスがある。「万人は一人のため一人は万人のため」というヘラクレイトスの言葉が保険の真髄を表している。自助・共助・公助という。ところが社会保障制度は準備ができない人も対象にせざるをえない。そこで最低限の保障という表現の元に生活保護、国民年金、介護保険などの諸制度があるのだが、いつの間にか“満足できる水準”を国民が求めていることに気づく。どうも妙なことだが、このことは政治家に責任がありそうである。

 この夏に前神奈川県知事夫人と娘さんが落雷で死亡されるという痛ましい事故があった。その時ちょうど鶴岡八幡宮の七夕祭が終わろうとしていたときでのことだ。雲行きが怪しく雷鳴が轟くので私は個人の判断として早めに店仕舞いすることにして駅に着いた。まさにそのとき大粒の雨が降り出しとっさの判断が正しかったと思ったことだ。不幸にして災害にあわれた方々には気の毒なことだが、雨の中を歩かなければならなかった理由は措くとしても雷鳴を避ける手立てはなかったのだろうか。

 ゴルフ場でも落雷よけのネットがあり雷が鳴ったらそこに逃げ込むようになっている。雷のエネルギーの凄さは神社仏閣の大きな樹木を見ればわかる。高い木が黒焦げになっているのを目にする。高い山の中腹にあるような場合はなおさらである。野球場などで発生する青年の被害も毎年のことだが、こうした自然災害のことはなかなか親から子への伝承が難しいのかもしれない。しかし“雷さんが鳴ったらお臍を隠しなさい”という俗信の方は伝わっているから不思議である。

*続きは方円の器でどうぞ。URLは、http://www11.ocn.ne.jp/~uten/です。
(まとめ:三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:11
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:470
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:568
  5. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:127
  6. 野菜食べてる? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:83
  7. 難治性慢性咳嗽にボツリヌスが効く!? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:52
  8. 広がる安易な帝王切開、母体死亡率高まる危険性 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:27
  9. 金属に対する生体吸収ステントの優位性示せず Lancet誌から FBシェア数:94
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:132