2005.10.21

【日本心不全学会速報】 日本発の新しい心不全治療薬、リアナジン受容体安定化作用薬の開発に意欲−−会長講演

 日本発の新しい心不全治療薬、リアナジン受容体安定化作用薬の開発に期待している−−。山口大学医学部循環病態内科学教授の(写真)は10月20日、会長講演「慢性心不全の病態と新しい治療戦略−Ca2+ホメオスターシスを中心に」の中で、新しい心不全治療薬の開発に対する強い意欲を示した。

 同氏は講演で、不全心筋でのCa2+過負荷について解説。自らの研究グループが、Ca2+過負荷の原因が心筋細胞内節小胞体のリアナジン受容体(RyR)からのCa2+リークにあることを証明した経緯を説明した。また、このリークを阻止する物質についても積極的に研究を進めており、その中でもリアナジン受容体を安定化させる作用のある物質が新薬として期待できるとした。

 講演の最後に同氏は、慢性心不全の治療戦略の変遷についてまとめ、1995年以降は、不全心の保護、突然死の予防に力点があると強調。その上で、今後は循環不全の改善と神経内分泌因子の是正、さらには不全心保護と心筋構造タンパク障害の修復と予防が治療戦略の柱になるとの展望を語った。

 その中で、循環不全の改善と神経内分泌因子の是正では、「リアナジン受容体安定化作用薬の登場が決め手となってくれれば」と期待をこめ、また、不全心保護と心筋構造タンパク障害の修復と予防では、再生療法が解決策となっていくとの見解を示した。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:253
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:418
  3. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:127
  4. スタチン:首位クレストールにリピトールが迫る NMO処方サーベイ FBシェア数:3
  5. 単回使用医療機器に関する通知が揺れたワケ 短期集中連載◎どう読む?医療機器の再使用に関する通知(1) FBシェア数:17
  6. 新禁煙宣言、禁煙指導の技能が専門医資格要件に 学会トピック◎第40回日本高血圧学会総会 FBシェア数:151
  7. 交替時間のオーラ 病院珍百景 FBシェア数:9
  8. 腸管透過性亢進に関連する疾患にルビプロストンが有… 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:2
  9. 患者の言葉を“翻訳”するための質問 患者の心を開くメディカル・サポート・コーチング塾 FBシェア数:2
  10. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:92