2005.10.21

【日本心不全学会速報】 「心不全における病態研究と先端的治療戦略」をテーマに開幕

 第9回日本心不全学会学術集会が10月20日、山口県下関市の海峡メッセ下関(写真)で開幕した。今回のメーンテーマは「Basic Concepts and Innovative Therapeutic Strategies in heart failure(心不全における病態研究と先端的治療戦略)」。22日までの3日間、心不全の病態研究や治療法に関する基礎的研究、さらに現在行われている最先端の心不全治療について、その現状と将来の展望について議論が交わされる。会長は、 山口大学医学部循環病態内科学教授の

 主なプログラムは、心不全の病態機序の基礎研究および臨床研究の第一人者であるAndrew R. Marks氏とJay N. Cohn氏が特別講演で登壇する。またプレナリーセッション5題、シンポジウム3題、パネルディスカッション3題、特別セッション1題、教育講演5題などが予定されている。

 日本心不全学会は、1998年に、米国心不全学会、欧州心臓病学会心不全ワーキンググループとともに、世界の3極の1つとして設立された。現在の会員数は約1000人。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 76歳女性。動悸、ふらつき 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  2. 「診療科の転科に伴うリスクやお勧めの立ち回り方は… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:21
  3. IT化し過ぎて伝達ミスが多発します… 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:30
  4. 「腹膜透析は使えない」は過去のもの 日本透析医学会理事長の中元秀友氏に聞く FBシェア数:8
  5. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:150
  6. 理想は「自分に甘く、他人にも甘い」人 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:35
  7. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:89
  8. 汚部屋で眠るハルコさん ぐるぐる訪問看護 FBシェア数:67
  9. フレイル高齢者の処方、医師の8割が見直し 医師1000人に聞きました FBシェア数:8
  10. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
医師と医学研究者におすすめの英文校正