2005.10.20

【日本アレルギー学会速報】重症アトピー性皮膚炎を対象のSTAT6デコイ臨床研究始まる

 東京医科歯科大学医学部皮膚科学教授の横関博雄氏は、STAT6に対するデコイオリゴヌクレオチド(STAT6デコイ)をアトピー性皮膚炎患者に投与する臨床研究を今月から開始したことを明らかにした。

 STAT6はインターロイキン4やインターロイキン13の重要な転写調節因子で、IgE値が極めて高い重症アトピー性皮膚炎患者に多く発現していることが知られている。STAT6デコイは、STAT6が本来結合する部位と同一の配列を持つオリゴヌクレオチドで、本来の部位への結合を阻害することで抑制効果を発揮するものだ。

 アトピー性皮膚炎を対象にしたデコイとしては、NFκBのデコイが臨床試験入りしているが、STAT6デコイは、ステロイドやNFκBデコイが効かないような重症の患者への治療薬とすることを目指している。横関氏は、アトピー性皮膚炎の動物モデルでSTAT6デコイが有効であることを示す結果を10月20日に盛岡市で開催された日本アレルギーのシンポジウム3「アレルギー疾患の新しい治療戦略」で発表した。

 横関氏は3種類のアトピー性皮膚炎動物モデルに対する効果を発表した。抗DNP-IgE投与マウス、ハプテン反復外用マウス、抗原特異的IgEトランスジェニックマウスに対し、センダイウイルスとリポソームをハイブリッド化したもののなかにSTAT6デコイを入れて皮下に投与した。

 この結果、STAT6デコイが、抗原特異的IgE抗体投与によって、2峰性の反応が誘導できる抗DNP-IgE投与マウスの耳介腫脹反応を抑制できることを確認した。またハプテンによる感作後、ハプテンを反復塗布することで、耳介腫脹反応が早期にシフトするハプテン反復外用マウスにも効果があることを確認した。さらにTNP特異的IgEの遺伝子を導入し、マウス耳介にTNP-OVAを皮下投与することで3相性の耳介腫脹を起こす抗原特異的IgEトランスジェニックマウスでもSTAT6デコイは効果を発揮した。

 横関氏らはSTAT6デコイを白色ワセリンを基材として、軟膏化した場合にも効果を示した動物実験の結果も示した。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  2. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  3. 長引く感冒を疾患クラスターで考える 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:13
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  6. 手指衛生、ちゃんとやってるのに、一体何が… わかる!院内感染対策 FBシェア数:108
  7. 原因はおやつ!身体のココを見れば分かる!? 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:85
  8. カルボシステインの薬疹は夜飲むと起こりやすい 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:434
  9. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:390
  10. 抗PD-1抗体投与後の1型糖尿病発症、実態は 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:95