2005.10.19

花王、糖尿病患者に対する高濃度茶カテキンの有効性を発表 

 花王は10月18日、高濃度茶カテキンを長期摂取することで、糖尿病患者の血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)が低下することが確認されたと発表した。この成果は、10月13、14日に開催された第26回日本肥満学会で、同社ヘルスケア第1研究所と、甲子園大学栄養学部助教授の山本國夫氏らの共同研究として発表された。

 既に高濃度茶カテキン飲料については、動物試験において血糖値の改善効果を示唆するデータが報告されている。今回の研究では、インスリン治療を行っていない43人の2型糖尿病患者を対象に、高濃度茶カテキンの影響を調べた。

被験者を2群に分け、投薬治療内容や生活は今までどおりとして、高濃度茶カテキン飲料(茶カテキン約576mg/340ml)、または一般緑茶飲料(茶カテキン約75mg/340ml)を1日1本、12週間継続して摂取してもらい、4週間ごとに採血、身体計測、問診を行った。

その結果、高濃度茶カテキンを摂取した患者群では、血糖値が134.1±5.6mg/dl(平均値±標準誤差)から126.2±4.4mg/dlへ約8mg/dl低下し、HbA1cは6.7±0.2%から6.3±0.2%へ約0.4%低下した。

また、既に高濃度茶カテキン飲料の効果として知られている、ヒトの体脂肪の低減効果も見られた。ウエストは約3.3cm低下し、総コレステロールは約10mg/dl低下した。試験期間中、副作用などは確認されなかったという。(星野康)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:142
  2. NHKさん大丈夫?ベルソムラで糖尿病予防って くめやすはるの「健康番組タメツスガメツ」 FBシェア数:565
  3. 院長を落胆させた「即戦力新人」の仕事ぶり 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:2
  4. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  5. 米国医療に憧れる君へ 愛のハリセン FBシェア数:129
  6. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:69
  7. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:322
  8. その点滴を止めろ! DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:15
  9. 「誇大広告」とはいったい何だったのか? 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  10. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0