2005.10.19

どうなる06年診療報酬改定−−日経ヘルスケア21の特集

最新号表紙画像 2006年4月に予定される診療報酬改定。小泉構造改革のあおりを受け、史上最大規模の診療報酬本体部分の引き下げが行われる可能性も高まってきた。一体どのような改定が検討・準備されているのか。9月末までの最新情報を集約し、改定の行方を占う。

 日経ヘルスケア21の10月号の特集は、「どうなる06年診療報酬改定」です。このほかの主な内容は下記の通り。

特集
 横浜市青葉区の激戦に見る、有老ホームのサバイバル戦略

 横浜市青葉区は丘陵地に発展したニュータウンだ。介護保険制度のスタート以降、この地で有料老人ホームが急増している。現在、同区にある介護付き有老ホームの数は計23施設に上り、入居者獲得争いがし烈を極めている。なぜ青葉区が最激戦地となったのか。その背景をまとめるとともに、実際のホーム運営の事例から競争を勝ち抜くための戦略を探った。

Report
 外部医師招へいの専門外来で集患力アップ
 診療機能の向上図り地域のニーズに応える

 認知症ケアはチーム医療が要、秋田・久幸会のプログラムに学ぶ
 医療法人久幸会理事長・稲庭千弥子

インタビュー
 医療法人社団カレスアライアンス理事長・西村昭男氏
 事業拡大は「目的」ではなくニーズに応えた「結果」にすぎない

 詳しくは、日経ヘルスケア21の10月号(10月8日発売)をお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:177
  2. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:10
  4. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:145
  5. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:34
  6. 塩野義製薬の新規抗インフルエンザ薬、第3相臨床試… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:250
  7. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:27
  8. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 抗菌薬使用最適化にクリニカルパス見直しが効く 事例研究◎院内で活躍する感染制御部 FBシェア数:94
  10. 皮膚膿瘍は切開排膿後の抗菌薬で治癒率上昇 NEJM誌から FBシェア数:2