2005.10.18

PPI服用中に生じた起床時の胸焼け(DIクイズ)

 日経ドラッグインフォメーション2005年10月号から、「服薬指導」を紹介します。テーマは「PPI服用中に生じた起床時の胸焼け」です。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 胃食道逆流症(GERD)のため内科診療所に通院している40歳の男性Sさんが受診の帰り道に薬局を訪れました。処方が変更されていたので確認すると、Sさんは次のような質問をしました。

 以前からオメプラールという薬を飲んでいてよく効いていたんですが、最近、朝起きた時に胸焼けや胃のむかつきを感じるようになりました。先生にそう話すと、「胃酸を抑える薬をもう1種類出しましょう」と言われました。でも、同じような胃薬を2種類飲むより、今飲んでいる薬をもう1錠夜に飲めばいいんじゃないですか?

◆処方せん
(1) オメプラール錠20 1錠
   1日1回 朝食後 14日分
(2) アシノンカプセル75 2Cap
   1日2回 朝食後、寝る前 14日分
*今回から、アシノン(一般名:ニザチジン、H2受容体拮抗剤)が追加された。

Q Sさんの「朝の胸焼け」の原因として、最も可能性が高いと考えられるものはどれか。
(1) 消化性潰瘍を併発するなど胃幽門部に異常を来し胃排出能が低下すると、オメプラール(一般名:オメプラゾール、PPI)が胃内で長時間強酸に曝露され、小腸で吸収される前に失活するため、胃酸が逆流しやすくなる。
(2) H.pylori感染で胃粘膜が萎縮している場合、オメプラール服用中でも夜間に胃内pHが上昇しないため、胃酸が逆流しやすくなる。
(3) 胃酸分泌能が亢進しているH.pylori非感染者ではオメプラールを服用しても、胃酸を中和する摂取物が存在しない夜間は、少量の胃酸分泌でも胃内pHが低下し、胃酸が逆流しやすくなる。

*答えは本誌2005年10月号(Premium)をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

-----------------------------------------------------
◆日経ドラッグインフォメーションの読者の方へ
 10月号の「薬局の足を引っ張る規制の数々」はお読みいただけましたでしょうか。
 記事中で取り上げた五つの規制について現在、webアンケートで皆様のご意見をうかがっております。URLは以下です。今後の企画に反映させていきたいと思います。ぜひご協力ください。(井上俊明、医療局編集委員)
http://webres.nikkeibp.co.jp/user/INO0926.html

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1