2005.10.18

中外の抗IL6受容体抗体がフェーズ3試験で関節リウマチに有効性示す 

 中外製薬は10月18日、スイスHoffmann-La Roche社と共同開発を進めているヒト化抗ヒトインターロイキン6(IL6)受容体モノクローナル抗体トシリズマブ(開発コード:MRA)の国内で実施された関節リウマチを対象にしたフェーズ3臨床試験で、トシリズマブの単独投与で骨関節破壊の進行抑制に対する有効性が認められたと発表した。成果の詳細は11月12日から17日に米国サンディエゴで開催される米国リウマチ学会(ACR)で、大阪大学などのグループによって発表される。

 ACRで発表されるフェーズ3臨床試験は、発症後5年未満の活動性の早期関節リウマチ患者を対象に実施された試験期間52週間の無作為比較試験。302例を対象に行われ、MRA群(157例)では、トシリズマブ8mg/kgを4週間隔で点滴投与静注し、対照群(145例)では、単独あるいは複数の抗リウマチ薬(DMARDs)を投与した。その約80%はメソトレキサート(MTX)だった。

 有効性を、van der Heijde のシャープスコア変法を用いて、骨関節破壊の程度を評価、抗リウマチ効果はACR反応率で判定した。その結果、MRA投与群では、骨X線写真で評価したトータルシャープスコア(TSS)、骨びらん、関節裂隙狭小化の進行が、対照群と比較して統計学的に有意に抑制された。

 MRA群ではTSSが2.3±5.6だったのに対して、対照群では6.1±11.4だった。ACR反応率についても、MRA投与群では対照群と比較して統計学的に有意に高い有効率が認められた。ACR20はMRA群で89%、対照群で35%、ACR50はMRA群で70%、対処群で14%、ACR70はMRA群で47%、対照群で6%だった。

 有害事象は、検査値異常も含めてMRA群96%、対照群87%で認められた。重篤な副作用はMRA群で19%、対照群で13%だった。血清脂質の上昇はMRA群に多く認められたが、平均総コレステロール値は正常値の上限内だった。結核は観察されなかった。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:33
  3. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:100
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:667
  5. 働き方改革の議論に必要な「対患者」の視点 記者の眼 FBシェア数:97
  6. 大学病院の「全床高度急性期」報告に厳しい批判 記者の眼 FBシェア数:46
  7. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:152
  8. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:105
  9. 癌の種類で異なる骨転移治療の進め方 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:28
  10. SPECTのみでアルツハイマーの鑑別はできない プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:25