2005.10.18

栄研化学が造影剤の製造販売承認をゲルベ・ジャパンに承継、将来的には造影剤事業撤退へ 

 栄研化学は10月17日、製造販売している尿路・血管造影剤イオキサグル酸注射液(商品名:ヘキサブリックス 320)と、MRI用造影剤ガドテル酸メグルミン注射液(商品名:マグネスコープ シリンジ)の製造販売承認をゲルベ・ジャパンに承継したと発表した。

 栄研化学は、中核事業である臨床検査薬事業と新規事業である遺伝子検査事業への経営資源の集中を進めており、造影剤事業の見直しを進めてきた。今回の承継後も1製品、造影剤が残るが、いずれは導出する見込みで、将来的には造影剤事業から撤退することになる。栄研化学の前期の造影剤事業の売上高は約8億円だ。

 ゲルベ・ジャパンの親会社であるフランスゲルベ社は、承継した製品のオリジナルメーカーで、日本市場への事業拡大を模索していた。承継に伴って両剤の販売は、2006年1月1日からテルモが担当する。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:128
  2. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 意外と難しい運動誘発性喘息の診断 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:35
  5. 卵アレルギーは「微量のゆで卵」で防ぐ リポート◎学会が提言、アトピー乳児は早期から卵摂取を FBシェア数:136
  6. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. 外国人診療で増えつつある「母国の親戚」問題 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:27
  8. 鳥インフルエンザ(H7N9)のヒト化が進む 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《4》 FBシェア数:6
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:1
  10. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:466