2005.10.18

GSK社がインフルエンザワクチンとザナミビル増産に20億ドル投資、H5N1ワクチンは2006年にも臨床試験を開始 

 英GlaxoSmithKline社(GSK社)は、インフルエンザワクチンの製造能力拡大と抗インフルエンザ薬ザナミビル(商品名:Relenza)増産のため20億ドルの投資に踏み切った。10月14日に出したインフルエンザの世界的な流行(パンデミック)に対する準備状況に関する声明の中で明らかにしたものだ。

 ザナミビルは、オセルタミビルと同じく、ノイラミニダーゼ阻害作用により、抗インフルエンザ作用を発揮する製品。わが国ではオセルタミビルが圧倒的なシェアを誇っているが、ベトナムの患者からオセルタミビル耐性のH5N1ウイルスが分離されたことが明らかになっており、今後、ザナミビルの需要が高まる可能性がある。

 GSK社は政府や国際機関のパンデミックに対する計画に合うよう、ザナミビルの製造能力を拡大するために投資を行っているとしている。

 GSK社はワクチン製造設備の拡充に加え、H5N1に対するパンデミックワクチンのプロトタイプの開発を進めていることも明らかにした。このプロトタイプワクチンはワクチンに対する生体反応を高め、使用量が少なくて済むアジュバントを使用している。投与量が少なくて済むことは、パンデミックが発生したときに重要になると考えられている。また、開発中のワクチンはH5N1変異株に対しても防御効果を発揮できる可能性があるという。H5N1ワクチンの臨床試験は2006年に開始される予定だ。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:342
  2. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:461
  3. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1073
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:69
  5. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  6. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:9
  7. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:85
  8. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:475
  9. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:40
  10. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:7