2005.10.18

GSK社がインフルエンザワクチンとザナミビル増産に20億ドル投資、H5N1ワクチンは2006年にも臨床試験を開始 

 英GlaxoSmithKline社(GSK社)は、インフルエンザワクチンの製造能力拡大と抗インフルエンザ薬ザナミビル(商品名:Relenza)増産のため20億ドルの投資に踏み切った。10月14日に出したインフルエンザの世界的な流行(パンデミック)に対する準備状況に関する声明の中で明らかにしたものだ。

 ザナミビルは、オセルタミビルと同じく、ノイラミニダーゼ阻害作用により、抗インフルエンザ作用を発揮する製品。わが国ではオセルタミビルが圧倒的なシェアを誇っているが、ベトナムの患者からオセルタミビル耐性のH5N1ウイルスが分離されたことが明らかになっており、今後、ザナミビルの需要が高まる可能性がある。

 GSK社は政府や国際機関のパンデミックに対する計画に合うよう、ザナミビルの製造能力を拡大するために投資を行っているとしている。

 GSK社はワクチン製造設備の拡充に加え、H5N1に対するパンデミックワクチンのプロトタイプの開発を進めていることも明らかにした。このプロトタイプワクチンはワクチンに対する生体反応を高め、使用量が少なくて済むアジュバントを使用している。投与量が少なくて済むことは、パンデミックが発生したときに重要になると考えられている。また、開発中のワクチンはH5N1変異株に対しても防御効果を発揮できる可能性があるという。H5N1ワクチンの臨床試験は2006年に開始される予定だ。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051