2005.10.18

GSK社がインフルエンザワクチンとザナミビル増産に20億ドル投資、H5N1ワクチンは2006年にも臨床試験を開始 

 英GlaxoSmithKline社(GSK社)は、インフルエンザワクチンの製造能力拡大と抗インフルエンザ薬ザナミビル(商品名:Relenza)増産のため20億ドルの投資に踏み切った。10月14日に出したインフルエンザの世界的な流行(パンデミック)に対する準備状況に関する声明の中で明らかにしたものだ。

 ザナミビルは、オセルタミビルと同じく、ノイラミニダーゼ阻害作用により、抗インフルエンザ作用を発揮する製品。わが国ではオセルタミビルが圧倒的なシェアを誇っているが、ベトナムの患者からオセルタミビル耐性のH5N1ウイルスが分離されたことが明らかになっており、今後、ザナミビルの需要が高まる可能性がある。

 GSK社は政府や国際機関のパンデミックに対する計画に合うよう、ザナミビルの製造能力を拡大するために投資を行っているとしている。

 GSK社はワクチン製造設備の拡充に加え、H5N1に対するパンデミックワクチンのプロトタイプの開発を進めていることも明らかにした。このプロトタイプワクチンはワクチンに対する生体反応を高め、使用量が少なくて済むアジュバントを使用している。投与量が少なくて済むことは、パンデミックが発生したときに重要になると考えられている。また、開発中のワクチンはH5N1変異株に対しても防御効果を発揮できる可能性があるという。H5N1ワクチンの臨床試験は2006年に開始される予定だ。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:23
  2. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  3. 牛乳アレルギーの急速経口免疫療法で低酸素脳症 神奈川県立こども医療センターが事例報告 FBシェア数:165
  4. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:78
  5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:176
  6. 「早期診断が重要」って本当にできるの? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:9
  7. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:399
  8. いま書いてるの、もしかして「偽」の診断書? 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:39
  9. 「モルヒネだけは飲みたくない」への対応法 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:19
  10. 人生の最期は「眠って過ごしたい」と言われたら Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:182