2005.10.15

SOD活性を高めるサプリ素材オキシカインが 虚血再灌流時のDNA障害を予防

 南仏産のメロンから取れるSODと小麦のグリアディンを結合させた素材オキシカインが、虚血再灌流時に起こるDNA障害を予防することが確認された。仏グルノーブル大学病院教授のグザビエ・ルベルブ氏らの研究。同教授が10月7日に来日し、報告した。

 オキシカインは抗酸化酵素のSOD(スパーオキサイド・ディスムターゼ)に小麦のグリアディンを結合させて、経口摂取時の消化酵素による分解を防いだもの。摂取することで体内のSOD活性が高まることが確認されている。

 ルベルブ教授らのグループはブタ9頭に1日1250IUのオキシカインを与え、対照となるブタ5頭には与えずに飼育した。2週間後に、ブタの胸部の大動脈を30分間クリップで圧迫して止める処置をし、その後に圧迫を解除し再灌流させて、解除2時間後の血液中のDNA損傷の程度を計測した。

 その結果、あらかじめオキシカインを与えていないブタではDNA損傷の程度がコメット法で変化量が0.32(テールモーメントの移動値)でDNA鎖の切断が増加したことがわかった。一方、オキシカインを与えたブタでは変化量は0.03にとどまった。脳卒中や心筋梗塞などで起こる一過性虚血と血液の再灌流時の酸化ストレスによるDNA損傷をオキシカインが防ぐことがわかった。

 ルベルブ教授は、「オキシカインからSODを取ると、腸管にある免疫細胞に指令を送り、体内のSODの合成を促進させるメカニズムが考えられる。SOD活性を高めて酸化ストレスを防ぐことで、血管内皮細胞が守られるので、動脈硬化の予防にもつながる」と説明している。

 オキシカインの原料となるのは、完熟後2週間保存がきくよう育種されたヴォークルシアン種のメロンの改良株。南仏のモンペリエ近郊で栽培されている。なお、オキシカインは日本での商標。海外ではGliSODinと呼ばれている。(藤井省吾・清水由貴子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:312
  2. どこまで減らせる?アルブミン製剤 リポート◎「アルブミン消費大国」の汚名は返上したが… FBシェア数:22
  3. 高血圧合併例の利尿薬をSGLT2阻害薬に変更 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:139
  4. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  5. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  6. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:502
  7. 100歳目前の認知症患者に輸血を行うか はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:13
  8. 高齢者救急の現場で思う「長生きは幸福か」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:174
  9. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  10. 医療事故調センター「再発防止策」に厳しい声 記者の眼 FBシェア数:27