2005.10.13

リジンとアルギニンの摂取で抗ストレス性が向上、味の素がヒトで確認

 味の素は、リジンとアルギニンを摂取すると、プラセボを摂取した場合に比べてストレスに強くなることを、100人規模のヒトの試験で見出していることを明らかにした。10月13日に都内で開催された味の素のR&D懇談会で同社の執行役員ライフサイエンス研究所長の三輪清志氏が発表したもの。

 味の素は、摂取開始前と摂取2週間後に、ストレスの度合いを測る不安問診スコアで評価を行い、プラセボ摂取群に比べてリジンとアルギニンを摂取した群で抗ストレス性が高まることを確認した。現在商品化を検討している段階だという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:24
  2. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:92
  4. 穏やかな在宅死を望んでいたのに警察沙汰に 医師が知らない介護の話 FBシェア数:22
  5. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:15
  6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:498
  7. インフル検査「陰性」こそ要注意 Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:163
  8. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:35
  9. 上行から弓部大動脈置換術の技を学ぶ―その3 動画で学ぶ「神の手」テクニック FBシェア数:74
  10. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正