2005.10.13

SRIインターナショナル、バイオ創薬開発技術の新展開でセミナー

 米国の非営利独立研究機関であるSRIインターナショナルは、10月24日と25日の両日、東京でバイオ創薬開発技術の新展開のテーマでセミナーを開催する。同機関のバイオサイエンス部門の概要をはじめ、がん治療薬と開発サービス、感染症治療薬及び生物製剤などの分野について解説する。参加は無料だが、事前申し込みが必要。

 開催日時は10月24日および25日、午後1時30分から6時。会場は、24日が霞ヶ関ビル33階「東海プラザ」。25日が霞ヶ関ビル1階「プラザホール」。

 SRIインターナショナルは、非営利独立研究機関の一つ。政府や企業からの委託で先端技術の研究開発と公共政策立案のための調査分析、技術のライセンス提供などを手がけている。本部は、米国カリフォルニア州メンロパーク市に置いている。

 詳しくは SRIインターナショナル日本支社のホームページへ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13