2005.10.13

九大の重症虚血肢に対する遺伝子治療計画が了承

 厚生科学審議会科学技術部会は10月12日、九州大学病院が申請していた線維芽細胞増殖因子(FGF-2)をセンダイウイルスベクターを用いて投与する遺伝子治療の臨床計画を了承した。センダイウイルスベクターはディナベック研究所が開発したもので、認められた臨床計画は国産ウイルスベクターを利用する初めてのケースとなる。

 対象疾患は、FontaineIII・IV度の症状を示し、人工血管などによる血行再建術の適応がなく、2週間の継続した薬物療法で症状の改善がみられない40歳以上の閉塞性動脈硬化症、バージャー病(閉塞性血栓性動脈炎)の患者。FGF-2遺伝子を投与することで、血管を新生させることを目指す。今回の臨床研究はヒトにおけるセンダイウイルスベクターを介したFGF-2遺伝子治療の安全性評価と臨床効果を示すと考えられる投与量の決定が目的。

 試験の総括責任者は、九州大学病院第2外科科長で九州大学医学研究院消化器・総合外科学教授の前原喜彦氏。実施期間は承認日から36カ月。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. 78歳女性。主訴:激しい胸痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:173
  3. 医療者の「献身的な労働」に甘えていませんか? 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:146
  4. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話 FBシェア数:399
  5. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:160
  6. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:606
  7. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:285
  8. いまの医師の好みはベンツよりハイブリッド車 医師1000人に聞きました FBシェア数:207
  9. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
  10. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:1