2005.10.13

九大の重症虚血肢に対する遺伝子治療計画が了承

 厚生科学審議会科学技術部会は10月12日、九州大学病院が申請していた線維芽細胞増殖因子(FGF-2)をセンダイウイルスベクターを用いて投与する遺伝子治療の臨床計画を了承した。センダイウイルスベクターはディナベック研究所が開発したもので、認められた臨床計画は国産ウイルスベクターを利用する初めてのケースとなる。

 対象疾患は、FontaineIII・IV度の症状を示し、人工血管などによる血行再建術の適応がなく、2週間の継続した薬物療法で症状の改善がみられない40歳以上の閉塞性動脈硬化症、バージャー病(閉塞性血栓性動脈炎)の患者。FGF-2遺伝子を投与することで、血管を新生させることを目指す。今回の臨床研究はヒトにおけるセンダイウイルスベクターを介したFGF-2遺伝子治療の安全性評価と臨床効果を示すと考えられる投与量の決定が目的。

 試験の総括責任者は、九州大学病院第2外科科長で九州大学医学研究院消化器・総合外科学教授の前原喜彦氏。実施期間は承認日から36カ月。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239