2005.10.13

九大の重症虚血肢に対する遺伝子治療計画が了承

 厚生科学審議会科学技術部会は10月12日、九州大学病院が申請していた線維芽細胞増殖因子(FGF-2)をセンダイウイルスベクターを用いて投与する遺伝子治療の臨床計画を了承した。センダイウイルスベクターはディナベック研究所が開発したもので、認められた臨床計画は国産ウイルスベクターを利用する初めてのケースとなる。

 対象疾患は、FontaineIII・IV度の症状を示し、人工血管などによる血行再建術の適応がなく、2週間の継続した薬物療法で症状の改善がみられない40歳以上の閉塞性動脈硬化症、バージャー病(閉塞性血栓性動脈炎)の患者。FGF-2遺伝子を投与することで、血管を新生させることを目指す。今回の臨床研究はヒトにおけるセンダイウイルスベクターを介したFGF-2遺伝子治療の安全性評価と臨床効果を示すと考えられる投与量の決定が目的。

 試験の総括責任者は、九州大学病院第2外科科長で九州大学医学研究院消化器・総合外科学教授の前原喜彦氏。実施期間は承認日から36カ月。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:68
  2. 67歳男性。心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:73
  4. 糖尿病合併高血圧は尿蛋白陰性ならCa拮抗薬も 特集◎生活習慣病 7つの新常識《2》 FBシェア数:5
  5. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:550
  6. 130/80mmHg超えたら高血圧?患者数急増へ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《1》 FBシェア数:60
  7. 母親の終末期を巡る兄弟の葛藤への対処法 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:113
  8. 第二世代抗ヒスタミン薬:アレグラ人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  9. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:414
  10. 「人生の最終段階に関するGL」改訂へ 3月末までの改訂予定で、厚労省がたたき台を提示 FBシェア数:65
医師と医学研究者におすすめの英文校正