2005.10.13

九大の重症虚血肢に対する遺伝子治療計画が了承

 厚生科学審議会科学技術部会は10月12日、九州大学病院が申請していた線維芽細胞増殖因子(FGF-2)をセンダイウイルスベクターを用いて投与する遺伝子治療の臨床計画を了承した。センダイウイルスベクターはディナベック研究所が開発したもので、認められた臨床計画は国産ウイルスベクターを利用する初めてのケースとなる。

 対象疾患は、FontaineIII・IV度の症状を示し、人工血管などによる血行再建術の適応がなく、2週間の継続した薬物療法で症状の改善がみられない40歳以上の閉塞性動脈硬化症、バージャー病(閉塞性血栓性動脈炎)の患者。FGF-2遺伝子を投与することで、血管を新生させることを目指す。今回の臨床研究はヒトにおけるセンダイウイルスベクターを介したFGF-2遺伝子治療の安全性評価と臨床効果を示すと考えられる投与量の決定が目的。

 試験の総括責任者は、九州大学病院第2外科科長で九州大学医学研究院消化器・総合外科学教授の前原喜彦氏。実施期間は承認日から36カ月。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:288
  5. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:8
  6. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:11
  7. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:202
  8. 血中トランス脂肪酸高値は日本人でもCVリスク 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:202
  9. 地域医療構想の未来とお座敷遊び「とらとら」と 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:0
  10. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0