2005.10.11

インドの日本脳炎、死者1000人に、ネパールと合わせ発症者は6000人超える

 インドにおける日本脳炎の流行は依然として拡大しており、大きな被害が出ている。世界保健機関(WHO)の東南アジア事務局(SEARO)が発表した流行状況報告によると、10月1日までに、1億6000万人とインド最大の人口を擁するUttar Pradesh州を中心に発症者は4520人、うち死亡者が969人に達している。致死率は21.3%と高い。発症者のうち4204人はUttar Pradesh州、293人はUttar Pradesh州の東に隣接するBihar州で発生している。

 隣国ネパールでも感染は拡大中で、9月27日までに1879人が発症、うち298人が死亡している。致死率は15.9%に達した。両国を合わせた発症者は6000人を超えた。現地の保健当局は、日本脳炎を媒介する蚊の駆除と蚊帳の配布に注力している状況だ。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127