2005.10.07

レチノールに匹敵する抗シワ効果  ファンケルがマリアアザミ抽出物入り化粧品を開発

 シワ改善効果で「レチノール」に匹敵し、皮膚への刺激が少ない化粧品成分がお目見えする。「シリビン」という成分で、ハーブのマリアアザミから抽出したもの。ファンケルは、この成分を配合した美容液を12月21日に発売する。

 同社は、シリビンに真皮のコラーゲンを増やし、繊維構造を正常化する作用を見いだした。さらに、シリビンを大豆リン脂質と結合させ、浸透性を高めた成分「シリビンフィトソーム」を開発。東北大学と共同で化粧品としての効果を臨床試験した。
 
 臨床試験の対象としたのは、40歳以上の13人の女性。2群に分け、1群にはレチノールを0.1%入れた化粧品を、もう1群にはシリビンフィトソーム2%を配合した化粧品を毎朝晩4カ月間使用してもらった。4カ月後に効果を測定したところ、シワの深さや肌の弾力性において0.1%のレチノールと同様の効果があることがわかった。また、0.1%のレチノールに比べ、皮膚への刺激感が少なかったという。

 なお、レチノール濃度0.1%は現在の市販レチノールコスメの最高濃度に近い。
 
 新製品「ファンケル ビューティコンセントレート」は18mL 6000円で発売される予定。1回1〜2プッシュで約60回分使える。防腐剤や殺菌剤、石油系界面活性剤は不使用だという。
 
 なお、同社は、シリビンを配合したサプリメント「ブライトエイジEX」も同日発売する予定。同社では、化粧品とサプリメントを併用することで皮膚の改善効果が高まるとしている。(白澤淳子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:116
  2. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:197
  3. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:5
  4. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:48
  5. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:0
  6. 初期臨床研修の内容・評価基準が大幅改定へ 7科必修化、コミュニケーション能力などの評価が追加 FBシェア数:40
  7. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:31
  8. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:157
  9. 耳症状のみ、ANCA陰性でも注意深く観察を ANCA関連血管炎性中耳炎を学ぶ FBシェア数:0
  10. 血圧ビッグデータからエビデンスは作れる インタビュー◎上島弘嗣氏(滋賀医科大学アジア疫学研究センター) FBシェア数:55