2005.10.07

レチノールに匹敵する抗シワ効果  ファンケルがマリアアザミ抽出物入り化粧品を開発

 シワ改善効果で「レチノール」に匹敵し、皮膚への刺激が少ない化粧品成分がお目見えする。「シリビン」という成分で、ハーブのマリアアザミから抽出したもの。ファンケルは、この成分を配合した美容液を12月21日に発売する。

 同社は、シリビンに真皮のコラーゲンを増やし、繊維構造を正常化する作用を見いだした。さらに、シリビンを大豆リン脂質と結合させ、浸透性を高めた成分「シリビンフィトソーム」を開発。東北大学と共同で化粧品としての効果を臨床試験した。
 
 臨床試験の対象としたのは、40歳以上の13人の女性。2群に分け、1群にはレチノールを0.1%入れた化粧品を、もう1群にはシリビンフィトソーム2%を配合した化粧品を毎朝晩4カ月間使用してもらった。4カ月後に効果を測定したところ、シワの深さや肌の弾力性において0.1%のレチノールと同様の効果があることがわかった。また、0.1%のレチノールに比べ、皮膚への刺激感が少なかったという。

 なお、レチノール濃度0.1%は現在の市販レチノールコスメの最高濃度に近い。
 
 新製品「ファンケル ビューティコンセントレート」は18mL 6000円で発売される予定。1回1〜2プッシュで約60回分使える。防腐剤や殺菌剤、石油系界面活性剤は不使用だという。
 
 なお、同社は、シリビンを配合したサプリメント「ブライトエイジEX」も同日発売する予定。同社では、化粧品とサプリメントを併用することで皮膚の改善効果が高まるとしている。(白澤淳子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
  2. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  3. オペ時の血糖はやはり7%まで下げるべき? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:85
  4. 21歳女性、突然の腹痛の原因は心臓にあった! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:35
  5. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:31
  6. 潰瘍性大腸炎に初の体外診断薬、その実力は? リポート◎再燃の早期発見に威力、内視鏡検査の頻度を減らす効果も FBシェア数:7
  7. 自分の家で、この子を抱きしめて川の字で寝たい 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:128
  8. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:180
  9. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:176
  10. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:503