2005.10.06

開発中の血管新生阻害剤ZD6474の効果予測につながる成果が発表

 国立がんセンター研究所薬効試験部室長の西尾和人氏らの研究グループは、現在わが国でフェーズ2臨床試験が進められている血管内皮成長因子(VFGF)受容体阻害型抗がん剤ZD6474が、上皮細胞成長因子(EGF)受容体の特定の変異で大幅に抗がん活性が高まることを見出した。またZD6474を投与することで発現が変動する19の遺伝子を同定、効果予測マーカーの開発に道を開いた。成果は、10月6日のシンポジウム7「消化器癌の治療における分子生物学の寄与」で発表された。

 研究グループは、ヒトがん細胞株を用いた実験で、他の細胞よりも100倍以上感受性が高い細胞株を見出した。その細胞株の遺伝子を解析したところ、EGF受容体に15塩基の欠失があることを確認した。15塩基を欠失させた遺伝子を導入した細胞株は薬剤感受性が100倍高まることを確認した。

 また、研究グループはマウスの同所性胃がん腹膜播種モデルを用いて抗腫瘍効果などを確認するとともに、投与に伴って発現が変化する遺伝子の探索を行った。その結果、発現が変動する19の遺伝子を特定、その中に低酸素誘導性分子が多数含まれていることを確認した。ZD6474の効果予測につながる成果で、既に前向き臨床試験付随研究が行われているという。血管新生阻害剤の臨床応用は進んでいる一方、効果予測などに利用できるバイオマーカーはまだ確立されておらず、今後が期待できそうだ。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ピロリ除菌中の薬疹、早期対応で重症化を防げ リポート◎2〜5%で出現する薬疹をどうする? FBシェア数:13
  2. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:7
  3. 50歳代男性。発熱、呼吸困難、左下腿疼痛 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. マッチング中間、大学首位は不動の東京医科歯科 「医師臨床研修マッチング2017」中間結果ランキング FBシェア数:409
  5. カロナール細粒が10月中旬にも品薄状態に 原薬供給停止の影響で FBシェア数:1194
  6. 25歳女性。外陰部の結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  7. 妊娠高血圧症候群の定義と病型分類が改訂 学会トピック◎日本妊娠高血圧学会 FBシェア数:220
  8. ビデオに映った自分の接遇に衝撃を受けた職員 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  9. 「研修医にやる気がない」「教えるとウザがられる」… 学会トピック◎日本病院総合診療医学会学術総会 FBシェア数:723
  10. 平安貴族のメタボリックシンドローム 病と歴史への招待 FBシェア数:54