2005.10.06

インドネシアのトリインフルエンザ感染、疑い例以上が85人に

 インドネシア健康省は10月5日、H5N1亜型ウイルスによる高病原性トリインフルエンザの感染と見なされ、治療などを行っている対象者が、10月4日現在で85人に達したと発表した。このうち、疑い例が69例、可能性例が11例、検査でH5N1感染が明らかになった確定例が4例になっている。確定例のうち3人、可能性例のうち2人、疑い例のうち6例は死亡している。

 世界保健機関(WHO)によれば、インドネシアでは、今年7月に初発の患者が発生したことが明らかになってから、大規模なサーベイランスや市民の危機意識の高まりなどから、H5N1感染の症状などに該当しない患者も含めて疑い例として扱われている可能性があるという。これらの患者の多くは各地の病院に隔離されている。(中沢真也)


■ 関連トピックス ■
◆2005.10.2 インドネシアで、4人目のトリインフルエンザ感染を確認、57人が感染疑い
◆2005.9.29 アダマンタン耐性A型インフルエンザ・ウイルスが2003年からアジアで急増−−米国研究
◆2005.9.27 インドネシアで3例目、8歳男児がトリインフルエンザ発症
◆2005.8.8 ベトナムで3人がH5N1感染、2人が死亡、WHOが発表
◆2005.8.4 更新】新型インフルエンザの流行阻止は抗ウイルス剤の迅速投与がカギ]
London大などがタイ想定したモデル研究をNatureに発表

◆2005.7.1 H5N1の市中感染示唆する検査データ、WHOベトナム調査チームが把握
確証得られれば、流行警戒レベル上げも

◆2005.6.29 中国青海省でのトリインフルエンザは深刻、死亡した鳥は5000羽以上
◆2005.6.29 トリインフルエンザ速報:ベトナムで新たな感染者、2004年12月以降で60例に
◆2005.6.28 中国で新たなトリインフルエンザ発生、ガチョウやアヒル128羽が感染、うち63羽が死亡
◆2005.6.27 茨城県でトリインフルエンザが発生、約2万5000羽殺処分へ
◆2005.6.20 ベトナム当局、トリインフルエンザ(H5N1)による感染者4人を確認、WHOが発表

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:33
  3. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:100
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:667
  5. 働き方改革の議論に必要な「対患者」の視点 記者の眼 FBシェア数:97
  6. 大学病院の「全床高度急性期」報告に厳しい批判 記者の眼 FBシェア数:46
  7. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:152
  8. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:105
  9. 癌の種類で異なる骨転移治療の進め方 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:28
  10. SPECTのみでアルツハイマーの鑑別はできない プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:25