2005.10.06

インドネシアのトリインフルエンザ感染、疑い例以上が85人に

 インドネシア健康省は10月5日、H5N1亜型ウイルスによる高病原性トリインフルエンザの感染と見なされ、治療などを行っている対象者が、10月4日現在で85人に達したと発表した。このうち、疑い例が69例、可能性例が11例、検査でH5N1感染が明らかになった確定例が4例になっている。確定例のうち3人、可能性例のうち2人、疑い例のうち6例は死亡している。

 世界保健機関(WHO)によれば、インドネシアでは、今年7月に初発の患者が発生したことが明らかになってから、大規模なサーベイランスや市民の危機意識の高まりなどから、H5N1感染の症状などに該当しない患者も含めて疑い例として扱われている可能性があるという。これらの患者の多くは各地の病院に隔離されている。(中沢真也)


■ 関連トピックス ■
◆2005.10.2 インドネシアで、4人目のトリインフルエンザ感染を確認、57人が感染疑い
◆2005.9.29 アダマンタン耐性A型インフルエンザ・ウイルスが2003年からアジアで急増−−米国研究
◆2005.9.27 インドネシアで3例目、8歳男児がトリインフルエンザ発症
◆2005.8.8 ベトナムで3人がH5N1感染、2人が死亡、WHOが発表
◆2005.8.4 更新】新型インフルエンザの流行阻止は抗ウイルス剤の迅速投与がカギ]
London大などがタイ想定したモデル研究をNatureに発表

◆2005.7.1 H5N1の市中感染示唆する検査データ、WHOベトナム調査チームが把握
確証得られれば、流行警戒レベル上げも

◆2005.6.29 中国青海省でのトリインフルエンザは深刻、死亡した鳥は5000羽以上
◆2005.6.29 トリインフルエンザ速報:ベトナムで新たな感染者、2004年12月以降で60例に
◆2005.6.28 中国で新たなトリインフルエンザ発生、ガチョウやアヒル128羽が感染、うち63羽が死亡
◆2005.6.27 茨城県でトリインフルエンザが発生、約2万5000羽殺処分へ
◆2005.6.20 ベトナム当局、トリインフルエンザ(H5N1)による感染者4人を確認、WHOが発表

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 37歳男性の後頸部痛、見逃しNGの疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  2. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:226
  3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:95
  4. 癒し系ドクターの裏の顔 病院珍百景 FBシェア数:56
  5. <胸痛>後に持続する心窩部圧迫感をどう診る? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:41
  6. お金が増える人は「国が用意した裏道」を歩く Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:49
  7. 専門医機構の内部資料が流出 ニュース追跡◎新専門医制度の持続のために必要なことは何だ? FBシェア数:255
  8. 職員の腕にタトゥー、報告を受けた院長の狼狽 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:102
  9. 心不全=利尿薬はもう古い!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:264
  10. 究極の問題? 患者の「死にたい」への対応法 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:126
医師と医学研究者におすすめの英文校正