2005.10.06

インドネシアのトリインフルエンザ感染、疑い例以上が85人に

 インドネシア健康省は10月5日、H5N1亜型ウイルスによる高病原性トリインフルエンザの感染と見なされ、治療などを行っている対象者が、10月4日現在で85人に達したと発表した。このうち、疑い例が69例、可能性例が11例、検査でH5N1感染が明らかになった確定例が4例になっている。確定例のうち3人、可能性例のうち2人、疑い例のうち6例は死亡している。

 世界保健機関(WHO)によれば、インドネシアでは、今年7月に初発の患者が発生したことが明らかになってから、大規模なサーベイランスや市民の危機意識の高まりなどから、H5N1感染の症状などに該当しない患者も含めて疑い例として扱われている可能性があるという。これらの患者の多くは各地の病院に隔離されている。(中沢真也)


■ 関連トピックス ■
◆2005.10.2 インドネシアで、4人目のトリインフルエンザ感染を確認、57人が感染疑い
◆2005.9.29 アダマンタン耐性A型インフルエンザ・ウイルスが2003年からアジアで急増−−米国研究
◆2005.9.27 インドネシアで3例目、8歳男児がトリインフルエンザ発症
◆2005.8.8 ベトナムで3人がH5N1感染、2人が死亡、WHOが発表
◆2005.8.4 更新】新型インフルエンザの流行阻止は抗ウイルス剤の迅速投与がカギ]
London大などがタイ想定したモデル研究をNatureに発表

◆2005.7.1 H5N1の市中感染示唆する検査データ、WHOベトナム調査チームが把握
確証得られれば、流行警戒レベル上げも

◆2005.6.29 中国青海省でのトリインフルエンザは深刻、死亡した鳥は5000羽以上
◆2005.6.29 トリインフルエンザ速報:ベトナムで新たな感染者、2004年12月以降で60例に
◆2005.6.28 中国で新たなトリインフルエンザ発生、ガチョウやアヒル128羽が感染、うち63羽が死亡
◆2005.6.27 茨城県でトリインフルエンザが発生、約2万5000羽殺処分へ
◆2005.6.20 ベトナム当局、トリインフルエンザ(H5N1)による感染者4人を確認、WHOが発表

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 毎日が帯状疱疹!?チョロい疾患と侮るなかれ 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来 FBシェア数:138
  2. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:404
  3. 「運転禁止薬」の運転一律規制はおかしい 学会トピック◎第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:354
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 介護放棄を「殺人」と断罪できるか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:181
  6. 一足早く知りたい? 2018改定の注目点はココ! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:18
  7. 心停止時にこそ分かる医師と患者の信頼関係 リポート◎見込みのない心肺蘇生を回避するには(後編) FBシェア数:174
  8. リード不要、心室に留置するペースメーカー登場 トレンド◎心臓ペーシング治療、新時代 FBシェア数:650
  9. 新専門医制度のQ&A集を機構が公開 NEWS FBシェア数:4
  10. エレベーター横のモニターが医師の事務負担減 特集◎医師こそ働き方改革を《事例−1》 FBシェア数:164