2005.10.05

セカンドオピニオン 最適な医師・治療選びに活用を

 セカンドオピニオンというのは、患者さん本人が、自分で治療法や治療医を選ぶために、主治医とは別の医師の意見を聞くことです。セカンドオピニオンを受けることで、より多くの情報が得られ、自分に最も合った治療法と治療医を選ぶことができます。

 受けるとき特に気をつけてほしいポイントは3点あります。まずは主治医に、自分の病名、進行度と治療方針の説明をしっかりと聞くことです。自分の病状や進行度、主治医の治療方針などを把握しないままセカンドオピニオンを受けてもあまり意味がないので、今かかっている医師の“ファーストオピニオン”はしっかり聞きましょう。

 2つ目は、セカンドオピニオンには、主治医の紹介状と病理検査結果、がんの診断と治療方針の決め手になった画像診断のフィルムの現物を持参することです。何か欠けていると、同じ検査を再度受けることになり、時間と医療費が無駄になります。

 紹介状や検査データをもらうためには、主治医に、「セカンドオピニオンを受けたい」と伝える必要があります。主治医に気兼ねして、なかなか言い出せない人もいるようですが、勇気を出して言ってみたら意外とすんなりOKしてくれたということも多いものです。機嫌を損ねるような医師なら、そこで治療を受けなければいいだけのことですよね。どうしても言い出せない場合は、セカンドオピニオン医から主治医に、診療情報の提供の依頼をしてもらう方法もあります。

 3つ目は、セカンドオピニオンの内容を必ず最初に診断を受けた主治医に報告することです。セカンドオピニオンに対する主治医の意見を聞くことで、さらに病気や治療法への理解が深まりますし、自分の希望がはっきりしてくるはずです。複数の医師と信頼関係を築いておくことで、病院や診療科を超えた治療チームを作ってもらうこともできます。

セカンドオピニオンをとるまでの流れ

 ところで、セカンドオピニオンを誰に受けるかですが、手術が第一選択になっているときには、あなたが診断されたがんを専門としている外科医に聞くとよいでしょう。全摘のような大きい手術をすすめられたときには、機能を温存できないのか、温存に力を入れている外科医にセカンドオピニオンを求めるようにします。また、放射線の効果があるようながんの場合には、放射線治療医に意見を聞いてみてください。手術の前や転移巣の治療として抗がん剤治療を受ける選択肢があるなら、化学療法専門の内科医の意見が参考になります。

 手術を受けてしまってから、「機能を残したかった」、「放射線治療がよかった」と後悔しても後の祭りです。セカンドオピニオンのために治療の開始が2〜3週間遅れても問題がない場合が多いので、最初の治療、再発、転移のどの段階であれ、治療前に受けるようにすることも大切です。今までの経過と現在の問題点、質問事項をまとめておくなど、7カ条を参考に準備し、セカンドオピニオンを最大限に活用して納得のいく治療を受けてください。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176