2005.10.04

【開業基礎講座2005/2006】 まず「全体の体系」を把握する

 MedWaveは、特に診療所の開業をご検討の方、あるいはすでに開業された方を念頭に、「診療所開業ガイド」を開設しています。日経ヘルスケア21とMedWaveのジョイント・サイトです。9月から、新たに「基礎講座2005/2006」を開講しました。第1回は「まず『全体の体系』を把握する」です。

開業基礎講座2005/2006】 まず「全体の体系」を把握する

 医院開業コンサルタント 匠
 原田裕士氏
 http://www.takuminet.co.jp/

 診療所の開設で重要なことは、検討すべき項目の「全体の体系」を「時系列的」に把握することです。私たちは、つい建物の設計や医療機器の検討に時間を費やしすぎて、本来検討しておかなければならない基本的なことについて等閑にしてしまう傾向があります。

 とっつきやすい事柄や関心のあることからやり始めるほうが簡単ですし、検討結果も具体的に確認できて分かりやすいからだと思います。しかし、そのような開業準備は必ず途中で行き詰まってしまいます。

 したがいまして、まず開業準備にはどんな事項があり、どんな順番で進めていかなければならないかをしっかり把握し、それらを一つひとつオーソドックスに実行していくことが大切です。

 また開業前に検討しておく事項と、開業後での検討で足りる項目がありますので、その面からの分類をしておくことが必要となります。

 検討すべき項目の体系は次の表のようになります。

 なお、検討すべき順(1番より13番まで)に記載してあります。

表はこちらからどうぞ。


(まとめ:三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:261
  2. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1
  4. 医師需給の議論の進め方は「異常かつ非礼」 社会保障審議会医療部会で厚労省の議論の進め方に批判が噴出 FBシェア数:1
  5. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:4
  6. 新種カンジダによる侵襲性感染の世界的発生をCDC… トレンド◎3系統の抗真菌薬に耐性化した「C. auris」 FBシェア数:123
  7. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:118
  8. 療養病床のあり方に関する議論の整理案まとまる シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:1
  9. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:87
  10. 教授の真似事をしてみたが…… 薬局経営者奮戦記〜社長はつらいよ FBシェア数:14