2005.10.04

A型ボツリヌス毒素の日本と中国の開発・販売権がGSK社に移管

 英GlaxoSmithKline社(GSK社)と米Allergan社は10月3日、Allergan社が販売している医療用医薬品「ボトックス」(一般名:A型ボツリヌス毒素)の日本と中国における開発・販売権をGSKに供与すると発表した。日本においてはグラクソ・スミスクラインが公正取引委員会の承認を取得次第、「ボトックス」の開発権・販売権を取得する。

 「ボトックス」は、ボツリヌス菌から抽出された精製たんぱく質製剤。筋肉の収縮を引き起こす神経伝達物質を阻害することで筋肉の動きを低下させる。患部に直接数回注射して使用する。現在「ボトックス」は、日本では眼瞼けいれん、片側顔面けいれん、痙性斜頸を対象に認可されている。アラガンが国内で販売している「ボトックス」のみで約40億円の売上高がある。アラガンの社員には、グラクソ・スミスクラインへの入社に応募する選択肢が提示される。アラガン社員を入社させることで、「ボトックス」の開発権と販売権の譲渡が円滑に行われることをグラクソ・スミスクラインは目指す。

 GSKは、日本と中国における中枢神経系分野での強みを生かし、「ボトックス」の新たな適応症の開発を加速させるとしている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:57
  2. 相撲界の日馬富士騒動を医療界に例えたら…… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:27
  3. 失敗しやすい第2のポイントは針の進め方と深さ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:11
  4. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:20
  5. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  6. 「かぜ診療の見直し」は日英共通の課題 特別対談 日英で進む薬剤耐性(AMR)対策 FBシェア数:217
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:24
  8. 服用中にチーズを食べない方がいい薬って? 医師のための薬の時間 FBシェア数:6
  9. たばこじゃなくて加熱式たばこなら大丈夫ですか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:133
  10. アラフォー医師に訪れる危機(クライシス) 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:79