2005.10.04

A型ボツリヌス毒素の日本と中国の開発・販売権がGSK社に移管

 英GlaxoSmithKline社(GSK社)と米Allergan社は10月3日、Allergan社が販売している医療用医薬品「ボトックス」(一般名:A型ボツリヌス毒素)の日本と中国における開発・販売権をGSKに供与すると発表した。日本においてはグラクソ・スミスクラインが公正取引委員会の承認を取得次第、「ボトックス」の開発権・販売権を取得する。

 「ボトックス」は、ボツリヌス菌から抽出された精製たんぱく質製剤。筋肉の収縮を引き起こす神経伝達物質を阻害することで筋肉の動きを低下させる。患部に直接数回注射して使用する。現在「ボトックス」は、日本では眼瞼けいれん、片側顔面けいれん、痙性斜頸を対象に認可されている。アラガンが国内で販売している「ボトックス」のみで約40億円の売上高がある。アラガンの社員には、グラクソ・スミスクラインへの入社に応募する選択肢が提示される。アラガン社員を入社させることで、「ボトックス」の開発権と販売権の譲渡が円滑に行われることをグラクソ・スミスクラインは目指す。

 GSKは、日本と中国における中枢神経系分野での強みを生かし、「ボトックス」の新たな適応症の開発を加速させるとしている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130