2005.10.04

A型ボツリヌス毒素の日本と中国の開発・販売権がGSK社に移管

 英GlaxoSmithKline社(GSK社)と米Allergan社は10月3日、Allergan社が販売している医療用医薬品「ボトックス」(一般名:A型ボツリヌス毒素)の日本と中国における開発・販売権をGSKに供与すると発表した。日本においてはグラクソ・スミスクラインが公正取引委員会の承認を取得次第、「ボトックス」の開発権・販売権を取得する。

 「ボトックス」は、ボツリヌス菌から抽出された精製たんぱく質製剤。筋肉の収縮を引き起こす神経伝達物質を阻害することで筋肉の動きを低下させる。患部に直接数回注射して使用する。現在「ボトックス」は、日本では眼瞼けいれん、片側顔面けいれん、痙性斜頸を対象に認可されている。アラガンが国内で販売している「ボトックス」のみで約40億円の売上高がある。アラガンの社員には、グラクソ・スミスクラインへの入社に応募する選択肢が提示される。アラガン社員を入社させることで、「ボトックス」の開発権と販売権の譲渡が円滑に行われることをグラクソ・スミスクラインは目指す。

 GSKは、日本と中国における中枢神経系分野での強みを生かし、「ボトックス」の新たな適応症の開発を加速させるとしている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:143
  3. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:175
  4. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:147
  5. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:212
  6. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:174
  8. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:55
  9. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:107
  10. 身体障害を克服して信玄に仕えた 山本勘助 病と歴史への招待 FBシェア数:1
医師と医学研究者におすすめの英文校正