2005.10.03

しずおかファルマバレーセンター、抗がん剤開発でベンチャーと共同研究  

 財団法人しずおか産業創造機構ファルマバレーセンターは10月3日、バイオインフォマティクスとドラッグデザインを事業の中核としたゲノム創薬ベンチャーであるファルマデザインと、転写制御因子を標的とした抗がん剤開発の共同研究契約を締結したと発表した。

 ファルマデザインの得意とするin silico創薬探索技術にウェット実験によるスクリーニング情報を組み合わせることで、効率的にリード化合物の構造最適化研究を進める。

 ファルマデザインは、in silico で創薬標的たんぱく質の3次元構造モデルを構築し、バーチャルスクリーニングで見出す活性候補化合物をファルマバレーセンターへ提供する。ファルマバレーセンターは、組み換えたんぱく質やがん細胞株を用いたスクリーニングを行って、ヒット化合物を絞り込む。ファルマバレーセンターは、契約に基づいてファルマバレー構想の一環で提携関係にある静岡県立大学大学院薬学研究科創薬探索センターで実際の共同研究を実施する。

 両者の得意技術のシナジー効果により、速やかに医薬品候補化合物を創出し、3〜4年以内に臨床試験を開始する予定だという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  2. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  4. 腰椎手術後に低酸素脳症、麻酔医らの過失認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:431
  6. なくならないアカハラ、学外機関設置で予防を 記者の眼 FBシェア数:28
  7. これからは早期からの在宅ケアの時代? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:72
  8. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:132
  9. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:45
  10. 逆流性食道炎のリスク因子に男女差あり 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2