2005.09.30

【患者さんのための情報サイト「がんナビ」から】 患者の権利を知る 良質な医療を求めましょう

患者には自分の病状や診療内容などを知る権利があります。泣き寝入りしたり、不利益を被ったりしないためにも、患者の権利について知っておきましょう。患者や遺族へのカルテの開示も認められるようになりました。

医療情報の公開・開示を求める市民の会事務局長
勝村久司さん
南雲 吉則さん顔写真


 医療における患者の権利の基本はインフォームド・コンセント(説明の上の同意)。つまり、自分の病状と治療方法、治療にかかる費用について十分説明を受け、納得した上で治療を受けることです。日本では、15年くらい前に、このインフォームド・コンセントという言葉が使われ始めましたが、その頃は、自分のカルテはもちろん、病名や検査、薬、処置、手術などの単価まで記載した医療費の詳しい明細書である「レセプト(診療報酬明細書)」も、患者が見る権利は保障されていませんでした。ですから、医師が嘘の説明をしても分からない状況だったのです。

 米国では、1973年に米国病院協会が患者権利章典を出し、「患者は、自分の診断、治療、予後(治る見込み)について完全な新しい情報を、自分に十分理解できる言葉で伝えられる権利がある」「患者は、どこが医療費を支払うにしても請求書を点検し説明を受ける権利がある」など、情報開示と人格を尊重した治療を受ける権利が保障されたのです。日本でも東京都立病院や日本生活共同組合連合会医療部会が、患者の権利章典を制定しています。   <<続く>>

全文はこちらでお読みいただけます。

がんナビのトップページはこちら

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130