2005.09.30

カネボウフーズ、サプリガムのシリーズ化を発表 第1弾は“生の乳酸菌入り、ネバネバ解消”ガム

 カネボウフーズは10月下旬、口の中のネバネバを解消し、さっぱりとさせるガム「生の乳酸菌で噛む」を発売する。「ガムとしては日本で初めて生きた乳酸菌を配合した」という。

 乳酸菌は熱や水の影響を受けやすいため、加熱や加水工程がある従来のガムの製造方法では、生きたまま配合することが難しかった。カネボウフーズは、スペインを本拠とするガム基材メーカー、カフォサ・ガム社(バルセロナ市)と国内委託加工契約を締結し、ガム基材を最初から最後まで常温で加工できるという同社の特殊技術を採用。これによって、生きた乳酸菌をそのままガムに配合することに成功した。

 「10分程度噛み続けられるよう、従来のガムより固めに仕上げた」(カネボウフーズ食品研究所の大友祐二研究員)点もポイントだ。長時間口の中で咀嚼することで、乳酸菌と唾液の両方が相乗効果を発揮し、口内のネバネバを解消させる。

 「今後、この技術を用いて、乳酸菌と同様に熱や水分の影響を受けやすいビタミン類なども配合し、サプリガムシリーズとしてラインナップを広げていきたい」と大友研究員は話す。同社では、自社ブランドだけでなく、OEM(相手先ブランドでの生産)にも取り組んでいく考えだ。

 新商品は「レモンハーブ味」「チャイナハーブ味」「シソミント味」の3種類。形状は小粒のタブレット状で、180g・300粒入りで5040円。「1日に5回、1回2粒ずつ食べる場合で30日分」(同社)の価格設定だという。当面はテレビ通販を通じて販売するが、12月をメドに一部ドラッグストアなどでも販売する。今後、コンビニエンスストアなどにも販路を広げていく予定だ。(蓬莱明子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  2. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  3. 長引く感冒を疾患クラスターで考える 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:13
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  6. 手指衛生、ちゃんとやってるのに、一体何が… わかる!院内感染対策 FBシェア数:108
  7. 原因はおやつ!身体のココを見れば分かる!? 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:85
  8. カルボシステインの薬疹は夜飲むと起こりやすい 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:434
  9. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:390
  10. 抗PD-1抗体投与後の1型糖尿病発症、実態は 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:95