2005.09.30

カネボウフーズ、サプリガムのシリーズ化を発表 第1弾は“生の乳酸菌入り、ネバネバ解消”ガム

 カネボウフーズは10月下旬、口の中のネバネバを解消し、さっぱりとさせるガム「生の乳酸菌で噛む」を発売する。「ガムとしては日本で初めて生きた乳酸菌を配合した」という。

 乳酸菌は熱や水の影響を受けやすいため、加熱や加水工程がある従来のガムの製造方法では、生きたまま配合することが難しかった。カネボウフーズは、スペインを本拠とするガム基材メーカー、カフォサ・ガム社(バルセロナ市)と国内委託加工契約を締結し、ガム基材を最初から最後まで常温で加工できるという同社の特殊技術を採用。これによって、生きた乳酸菌をそのままガムに配合することに成功した。

 「10分程度噛み続けられるよう、従来のガムより固めに仕上げた」(カネボウフーズ食品研究所の大友祐二研究員)点もポイントだ。長時間口の中で咀嚼することで、乳酸菌と唾液の両方が相乗効果を発揮し、口内のネバネバを解消させる。

 「今後、この技術を用いて、乳酸菌と同様に熱や水分の影響を受けやすいビタミン類なども配合し、サプリガムシリーズとしてラインナップを広げていきたい」と大友研究員は話す。同社では、自社ブランドだけでなく、OEM(相手先ブランドでの生産)にも取り組んでいく考えだ。

 新商品は「レモンハーブ味」「チャイナハーブ味」「シソミント味」の3種類。形状は小粒のタブレット状で、180g・300粒入りで5040円。「1日に5回、1回2粒ずつ食べる場合で30日分」(同社)の価格設定だという。当面はテレビ通販を通じて販売するが、12月をメドに一部ドラッグストアなどでも販売する。今後、コンビニエンスストアなどにも販路を広げていく予定だ。(蓬莱明子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:41
  2. 叱るのが苦手…、態度が悪い職員にどう指導? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:4
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:426
  4. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:6
  5. 遠隔医療、ネット診療って儲かるの? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:29
  6. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  7. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:83
  8. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:4
  9. 在宅医療のサービス提供、評価のあり方を議論 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:67
  10. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:449