2005.09.30

【患者さんのための情報サイト「がんナビ」から】 がんの化学(薬物)療法 効果と副作用を知って選ぶ

抗がん剤などの化学(薬物)療法は大きく進歩しました。しかし、まだ化学療法によって治る患者は少なく過大な期待も禁物です。化学療法に精通した医師は少ないので、正確な情報を得た上で治療を受けるかどうか決めたいものです。

国立がんセンター東病院副院長
西條長宏さん
南雲 吉則さん顔写真
 薬を使ったがんの治療法には、(1)がんを殺すことを目的とした「抗がん剤治療」(2)がんの増殖や転移などに関わる特定の分子を狙ってがんの増殖を抑制する「分子標的薬治療」(3)乳がん、前立腺がんなどホルモンにより増殖が左右されるがんに対する「ホルモン治療」などがあり、これらを化学(薬物)療法と呼ぶのが一般的です。

 がんの化学療法が行なわれるのは、1つ目は、進行してがんが全身に広がって、手術や放射線治療など局所療法では手に負えず全身への治療が必要になったときです。もともと“全身病”である白血病や悪性リンパ腫には化学療法が第一選択になります。2つ目は、局所進行がんといわれる状態で、放射線治療だけに比べ、抗がん剤治療と放射線治療を組み合わせて行なうと治癒率が上がるというときです。3つ目は、手術しても患者のすべてが治るわけではない場合に、治療効果を上げるため、手術に併用して行なう場合です。    <<続く>>

全文はこちらでお読みいただけます。

がんナビのトップページはこちら

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:171
  2. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい FBシェア数:516
  4. 「25分」のカンファレンス準備時間が「0分」に リポート◎京大病院が進めるICT業務効率化(2) FBシェア数:143
  5. COPD患者が骨粗鬆症を発症しやすい理由 トレンド◎COPDがII期になるとき骨密度が同時に低下 FBシェア数:140
  6. 「こんな自分でも4月から救急医になれますか」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. アルブミンはギラン・バレー症候群の予測因子 JAMA Neurology誌から FBシェア数:130
  8. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:159
  9. 透明化迫られる病医院の関連法人、取引実態が閲覧可… 記者リポート FBシェア数:45
  10. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:124