2005.09.30

トマト由来のリコピンに抗アレルギー作用、カゴメがヒトで確認

 カゴメは9月29日、リコピンを含むトマト由来のカロテノイドが、 ヒトに投与する研究の結果、抗アレルギー作用を持つことを確認したと発表した。臨床試験は、同社総合研究所と日本薬科大学、おやまにし病院の共同研究で、研究成果は10月22日から盛岡で開催される日本アレルギー学会で報告するという。

 研究は、トマト由来のカロテノイド摂取がハウスダスト与える影響を検証した。ハウスダスト特異的IgE陽性の成人12人に対し、半数の試験群にリコピン10mgを含有するトマトオレオレジン(脂溶性抽出物)カプセルを1日2回、半数の対照群に対し、植物油から成るプラセボを1日2回、それぞれ4週間のんでもらった。

 その結果、試験群では、摂取後の血中リコピン濃度が摂取前に対して有意に上昇し、対照群に対しても有意に高値になった。試験群では摂取2週目から血清リコピン脳が有意に上昇し、4週目には摂取前の16倍に増加した。試験群ではβカロテン濃度も4週間後には摂取前に比べて有意に増加した。また、ハウスダスト特異的IgE量については、試験群で有意な低下が認められた。

 こうした結果からカゴメでは、リコピンを含むトマト由来カロテノイドの摂取によって、ヒトでも1型アレルギーの改善が期待されるとしている。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 病室でトコジラミ発見!入院患者をどう守る? リポート◎患者への被害を寸前で防いだ信州大学病院の危機対応 FBシェア数:182
  2. 57歳男性。息切れ 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  3. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:163
  4. 7%の減量で本当に脂肪肝が治るか検証してみた 記者の眼 FBシェア数:126
  5. 大人の自閉スペクトラム症は第二の新型うつ病? 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:156
  6. 新専門医制度、期待と不安の中で8400人が船出 特集◎走り出した新専門医制度《プロローグ》 FBシェア数:27
  7. 糖尿病治療のEvidence-Based Med… 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:51
  8. サブスペシャリティー専門医はどう取るの? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-1》 FBシェア数:50
  9. 精神科単科病院を取り巻く差別の可視化 その死に誰が寄り添うか−精神科単科病院にて FBシェア数:53
  10. 患者さんの死で気づいた診療所の役割 うさコメント! FBシェア数:27
医師と医学研究者におすすめの英文校正