2005.09.30

トマト由来のリコピンに抗アレルギー作用、カゴメがヒトで確認

 カゴメは9月29日、リコピンを含むトマト由来のカロテノイドが、 ヒトに投与する研究の結果、抗アレルギー作用を持つことを確認したと発表した。臨床試験は、同社総合研究所と日本薬科大学、おやまにし病院の共同研究で、研究成果は10月22日から盛岡で開催される日本アレルギー学会で報告するという。

 研究は、トマト由来のカロテノイド摂取がハウスダスト与える影響を検証した。ハウスダスト特異的IgE陽性の成人12人に対し、半数の試験群にリコピン10mgを含有するトマトオレオレジン(脂溶性抽出物)カプセルを1日2回、半数の対照群に対し、植物油から成るプラセボを1日2回、それぞれ4週間のんでもらった。

 その結果、試験群では、摂取後の血中リコピン濃度が摂取前に対して有意に上昇し、対照群に対しても有意に高値になった。試験群では摂取2週目から血清リコピン脳が有意に上昇し、4週目には摂取前の16倍に増加した。試験群ではβカロテン濃度も4週間後には摂取前に比べて有意に増加した。また、ハウスダスト特異的IgE量については、試験群で有意な低下が認められた。

 こうした結果からカゴメでは、リコピンを含むトマト由来カロテノイドの摂取によって、ヒトでも1型アレルギーの改善が期待されるとしている。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 眼科専攻医登録数、愛知県の人数はなぜ突然変わった… ニュース追跡◎専門医機構の内部資料から見えてきたこと FBシェア数:43
  2. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:86
  3. 1歳男児。躯幹の小丘疹と手掌・足底の水疱 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 手術で体重3割減、合併する糖尿病も高率で寛解 トレンド◎肥満外科治療が日本でも普及の兆し FBシェア数:156
  5. 76歳女性。動悸、ふらつき 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  6. スタチンだけで下げられないリスクを減らすか? トレンド◎フィブラート系薬に20数年ぶりの新薬ペマフィブラート登場 FBシェア数:15
  7. 尿閉を生じた高齢患者で想起すべき疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:36
  8. 糖尿病による合併症、忘れてはいけない認知症 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:29
  9. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:96
  10. 「腹膜透析は使えない」は過去のもの 日本透析医学会理事長の中元秀友氏に聞く FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正