2005.09.30

大日本製薬とエーザイ、糖尿病性神経障害の治療薬でライセンス契約を締結

 大日本製薬とエーザイは9月29日、大日本製薬が創製し、開発を進めている糖尿病性神経障害を改善する新規治療薬「AS-3201」について、エーザイに対し、日本を除く全世界において、独占的に開発、製造、販売する権利を付与したと発表した。ただし、大日本製薬は主要国で同薬剤をエーザイと共同販促する権利を留保する。

 AS-3201はアルドース還元酵素を阻害することで細胞内のソルビトール蓄積を抑制し、糖尿病性神経障害を改善する。両社によれば、この疾患の患者数は国内に約170万人いるという。現在、国内においては、大日本製薬が杏林製薬と共同でフェーズ2試験を、米国とカナダにおいてはフェーズ3試験を実施している。今後はエーザイが北米の臨床試験以降の開発を引き継ぎ、早期承認を目指すという。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:64
  2. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  3. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:296
  4. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:40
  5. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  7. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  8. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:99
  9. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  10. 東広島市の麻疹感染広がる、患者は7人に パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:198