2005.09.30

武田薬品、独Merck社と抗がん剤の共同開発・販売契約で合意

 武田薬品工業は9月29日、ドイツMerck KGaA社との間で、同社が創製した抗がん剤であるヒト化EGFR抗体マツズマブ(Matuzumab)の共同開発・販売契約について合意したと発表した。マツズマブは、がんの発生や増悪に関与するEGFRに結合することで固形がんに対する増殖抑制効果を発揮するという。日本では胃がん、非小細胞肺がんを対象にフェーズ2試験を実施している段階だ。

 武田薬品は今回の合意で、米国、日本、欧州、アジアの一部の国でMerck社と共同で開発と販売活動を行う。合意に伴い、武田薬品はMerck社に対して、6000万ユーロの一時金と開発の進捗に応じたマイルストン金を支払う。売上金については、日本では武田薬品、その他の国についてはMerck社が計上し、利益は両社で分配する。

 本件についての武田薬品のプレスリリース「ドイツMerck KGaA社との抗癌剤に関する共同開発・販売契約について」は同社Webサイトのこちらで閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1