2005.09.30

武田薬品、独Merck社と抗がん剤の共同開発・販売契約で合意

 武田薬品工業は9月29日、ドイツMerck KGaA社との間で、同社が創製した抗がん剤であるヒト化EGFR抗体マツズマブ(Matuzumab)の共同開発・販売契約について合意したと発表した。マツズマブは、がんの発生や増悪に関与するEGFRに結合することで固形がんに対する増殖抑制効果を発揮するという。日本では胃がん、非小細胞肺がんを対象にフェーズ2試験を実施している段階だ。

 武田薬品は今回の合意で、米国、日本、欧州、アジアの一部の国でMerck社と共同で開発と販売活動を行う。合意に伴い、武田薬品はMerck社に対して、6000万ユーロの一時金と開発の進捗に応じたマイルストン金を支払う。売上金については、日本では武田薬品、その他の国についてはMerck社が計上し、利益は両社で分配する。

 本件についての武田薬品のプレスリリース「ドイツMerck KGaA社との抗癌剤に関する共同開発・販売契約について」は同社Webサイトのこちらで閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:28
  2. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:88
  3. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:121
  4. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待 FBシェア数:3
  5. OSA患者のCPAP使用は性生活の質を改善する JAMA Otolaryngol Head Neck Surg誌から FBシェア数:10
  6. 探してます。自然な理由を 病院珍百景 FBシェア数:15
  7. 高齢者の結核に要注意、フレイルは治療のリスク 学会トピック◎第60回日本老年医学会学術集会 FBシェア数:39
  8. 麻疹で困っている、知りたい、気になることは? ソーシャルネットワークでAMRに挑む FBシェア数:13
  9. ムコイド型耐性肺炎球菌に新たな耐性菌が 学会トピック◎第92回日本感染症学会・第66回日本化学療法学会 FBシェア数:20
  10. どうして今さら訪問看護!? ぐるぐる訪問看護 FBシェア数:42
医師と医学研究者におすすめの英文校正