2005.09.30

武田薬品、独Merck社と抗がん剤の共同開発・販売契約で合意

 武田薬品工業は9月29日、ドイツMerck KGaA社との間で、同社が創製した抗がん剤であるヒト化EGFR抗体マツズマブ(Matuzumab)の共同開発・販売契約について合意したと発表した。マツズマブは、がんの発生や増悪に関与するEGFRに結合することで固形がんに対する増殖抑制効果を発揮するという。日本では胃がん、非小細胞肺がんを対象にフェーズ2試験を実施している段階だ。

 武田薬品は今回の合意で、米国、日本、欧州、アジアの一部の国でMerck社と共同で開発と販売活動を行う。合意に伴い、武田薬品はMerck社に対して、6000万ユーロの一時金と開発の進捗に応じたマイルストン金を支払う。売上金については、日本では武田薬品、その他の国についてはMerck社が計上し、利益は両社で分配する。

 本件についての武田薬品のプレスリリース「ドイツMerck KGaA社との抗癌剤に関する共同開発・販売契約について」は同社Webサイトのこちらで閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:118
  2. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:640
  3. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  4. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:69
  5. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:288
  6. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:206
  7. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:55
  8. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 高齢者の微熱、実は重篤なケースも 大井一弥の「即解!高齢者薬物治療のピットフォール」 FBシェア数:34