2005.09.27

ペルセウスとシミックが新動脈硬化マーカーになる可能性のあるPTX3の測定系を開発

 ペルセウスプロテオミクスとシミックは9月27日、新しい動脈硬化のリスクマーカー候補である血中たんぱく質PTX3の高感度測定系を確立したと発表した。モノクローナル抗体を用いた酵素免疫法(ELISA法)で検出する製品で、2006年以降に研究用試薬として発売する計画だという。また、研究用試薬として発売するとともに、ペルセウスとシミックは大学などの研究機関、開業医、製薬企業向けに測定サービスも開始する。さらに、2008年をめどに体外診断用医薬品として認可を取得する計画だ。

 PTX3は血管炎症に伴って血管内皮から分泌されるたんぱく質。コレステロール値や高感度CRP値など従来のマーカーに比べて血管炎症を初期の段階からモニタリングできるため、動脈硬化リスクの早期判定が可能だという。 近くイタリアHUMANITAS臨床研究所、米ハーバード大学、東京大学などの研究者が中心となり、PTX3の臨床的意義を検討するための臨床研究会が発足されるという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:324
  2. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1071
  3. 映画を通じて麻酔科医の仕事をより理解してほしい 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:26
  4. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:448
  5. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:62
  6. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:36
  7. 新薬の「14日間ルール」見直し求める トレンド(DIオンライン) FBシェア数:82
  8. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:81
  9. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:88
  10. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:94