2005.09.27

ペルセウスとシミックが新動脈硬化マーカーになる可能性のあるPTX3の測定系を開発

 ペルセウスプロテオミクスとシミックは9月27日、新しい動脈硬化のリスクマーカー候補である血中たんぱく質PTX3の高感度測定系を確立したと発表した。モノクローナル抗体を用いた酵素免疫法(ELISA法)で検出する製品で、2006年以降に研究用試薬として発売する計画だという。また、研究用試薬として発売するとともに、ペルセウスとシミックは大学などの研究機関、開業医、製薬企業向けに測定サービスも開始する。さらに、2008年をめどに体外診断用医薬品として認可を取得する計画だ。

 PTX3は血管炎症に伴って血管内皮から分泌されるたんぱく質。コレステロール値や高感度CRP値など従来のマーカーに比べて血管炎症を初期の段階からモニタリングできるため、動脈硬化リスクの早期判定が可能だという。 近くイタリアHUMANITAS臨床研究所、米ハーバード大学、東京大学などの研究者が中心となり、PTX3の臨床的意義を検討するための臨床研究会が発足されるという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  2. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:298
  3. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:6
  5. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:337
  6. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1396
  7. 特発性喀血症、知っていますか? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:72
  8. 投与量調節の必要がない帯状疱疹治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:317
  9. 日医も警戒する「新型多機能サービス」の正体 記者の眼 FBシェア数:18
  10. 自身の認知症予防のために取り組んでいること 医師1000人に聞きました FBシェア数:4