2005.09.27

ペルセウスとシミックが新動脈硬化マーカーになる可能性のあるPTX3の測定系を開発

 ペルセウスプロテオミクスとシミックは9月27日、新しい動脈硬化のリスクマーカー候補である血中たんぱく質PTX3の高感度測定系を確立したと発表した。モノクローナル抗体を用いた酵素免疫法(ELISA法)で検出する製品で、2006年以降に研究用試薬として発売する計画だという。また、研究用試薬として発売するとともに、ペルセウスとシミックは大学などの研究機関、開業医、製薬企業向けに測定サービスも開始する。さらに、2008年をめどに体外診断用医薬品として認可を取得する計画だ。

 PTX3は血管炎症に伴って血管内皮から分泌されるたんぱく質。コレステロール値や高感度CRP値など従来のマーカーに比べて血管炎症を初期の段階からモニタリングできるため、動脈硬化リスクの早期判定が可能だという。 近くイタリアHUMANITAS臨床研究所、米ハーバード大学、東京大学などの研究者が中心となり、PTX3の臨床的意義を検討するための臨床研究会が発足されるという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:38
  2. 13歳女児。増大傾向にある肝病変 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:269
  4. 「土俵×女性」問題で虎が感じた違和感 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:26
  5. 2018改定で中小病院を「優遇」…病床減らす? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:45
  6. いまだに減らない「いきなりAIDS」 厚生科学審議会感染症部会エイズ・性感染症に関する小委員会が報告 FBシェア数:65
  7. H2ブロッカー:ガスター人気の拡大続く NMO処方サーベイ FBシェア数:54
  8. 専門医の更新は?メスを置いた後でもOK? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-2》 FBシェア数:17
  9. 面談の極意は「目的が伝わる組み立て」にあり 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか FBシェア数:200
  10. 搬送された「意識障害」の年齢別原因と転帰 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
医師と医学研究者におすすめの英文校正