2005.09.26

【解説】医療事故の報告件数、6月末現在で790件に、死亡例は108件

 厚生労働省が進めている医療事故情報の収集事業で、2004年10月以降2005年6月末までに、790件の報告が報告された。そのうち、事故の程度をみると、死亡例が108件、障害が残る可能性が高い例が113件、障害が残る可能性が低い例が389件などだった。

 医療事故情報の収集事業は、国が進める医療安全対策の一環として2004年10月からスタート。報告義務のある医療機関を指定し、医療事故が発生した場合に、発生日から原則2週間以内に報告することを義務付けている。報告義務のある医療機関数は、6月末現在で275機関で、国立高度専門医療センターをはじめ、ハンセン病療養所、独立行政法人国立病院機構が開設する病院、大学病院本院及び特定機能病院などが含まれる。収集は、医療機能評価機構が担当している。

 7月29日付けで公表された「医療事故情報収集等事業」の第2回報告書によると、790件の発生場所の分析では、病室が351件で突出していた。次に多いのは、手術室の114件で、病室がいかに多いかが分かる。このほかでは、カテーテル検査室が35件、トイレが27件、ICUが26件、廊下が22件、放射線撮影室が14件などとなっている(詳しくは有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」で提供しています)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176