2005.09.26

期待大きいベバシズマブ、副作用で卵巣がんの臨床試験が中断 

 米Genentech社は9月23日、がん治療用抗血管内皮細胞成長因子(VEGF)モノクローナル抗体ベバシズマブ(商品名:Avastin)のプラチナ製剤で難治性の卵巣がん患者を対象にした多施設フェーズ2臨床試験の患者登録を副作用のために中断したと発表した。53人の患者を対象に臨床試験を行う計画だったが、44人の患者登録時点で5人の患者で胃腸の穿孔の副作用が観察されたため中止になった。大腸がんでの生存期間延長が確認され、欧米で画期的な抗がん剤として注目されているベバシズマブに不安要素が出現してきたことになる。

 ベバシズマブの開発中断についてGenentech社副社長のHal Barron氏は、「胃腸の穿孔は、ベバシズマブでは起こりうる副作用として知られている。しかし、今回のフェーズ2の患者登録を中断したのは、ベバシズマブの卵巣がんや他のがんを対象にした臨床試験で見出されているよりも高率に胃腸の穿孔が見出されたため」としている。

 Hal氏は、卵巣がんを対象にしたベバシズマブの開発計画は継続しており、より初期の卵巣がんや他のがんを対象にしたベバシズマブの開発には影響しないとしている。

 わが国では、中外製薬が大腸がんを対象にベバシズマブの臨床試験を進めているが、「日本でも慎重に開発を進めて行きたい」(中外製薬広報)としている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  2. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:530
  3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:253
  4. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:252
  5. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:303
  6. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:151
  8. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:39
  9. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:194
  10. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:154
医師と医学研究者におすすめの英文校正