2005.09.26

期待大きいベバシズマブ、副作用で卵巣がんの臨床試験が中断 

 米Genentech社は9月23日、がん治療用抗血管内皮細胞成長因子(VEGF)モノクローナル抗体ベバシズマブ(商品名:Avastin)のプラチナ製剤で難治性の卵巣がん患者を対象にした多施設フェーズ2臨床試験の患者登録を副作用のために中断したと発表した。53人の患者を対象に臨床試験を行う計画だったが、44人の患者登録時点で5人の患者で胃腸の穿孔の副作用が観察されたため中止になった。大腸がんでの生存期間延長が確認され、欧米で画期的な抗がん剤として注目されているベバシズマブに不安要素が出現してきたことになる。

 ベバシズマブの開発中断についてGenentech社副社長のHal Barron氏は、「胃腸の穿孔は、ベバシズマブでは起こりうる副作用として知られている。しかし、今回のフェーズ2の患者登録を中断したのは、ベバシズマブの卵巣がんや他のがんを対象にした臨床試験で見出されているよりも高率に胃腸の穿孔が見出されたため」としている。

 Hal氏は、卵巣がんを対象にしたベバシズマブの開発計画は継続しており、より初期の卵巣がんや他のがんを対象にしたベバシズマブの開発には影響しないとしている。

 わが国では、中外製薬が大腸がんを対象にベバシズマブの臨床試験を進めているが、「日本でも慎重に開発を進めて行きたい」(中外製薬広報)としている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 職員が2グループに分裂、退職相次ぐ事態に 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:40
  2. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:46
  4. 慈恵医大、画像診断所見放置で新たに2人死亡 画像診断報告書の確認漏れが相次ぐ FBシェア数:192
  5. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:245
  6. 怒りのピーク「7秒間」を制する極意 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:24
  7. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:14
  8. ハーボニーが使えないC型肝炎患者はどうなる? 記者の眼 FBシェア数:0
  9. やる気のある職員が定着しない…打開策は? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:116
  10. 「What can I help you wit… 実践!医療英語「このフレーズ、英語で何と言う?」 FBシェア数:1