2005.09.22

【日本心臓病学会速報】 長時間作用型ループ利尿薬、短時間作用型に対し有意に慢性心不全の予後を改善−−動物実験で確認

 長時間作用型ループ利尿薬は、短時間型に比べて、慢性心不全の予後を有意に改善することが報告された。ダール食塩感受性ラットを使った動物実験で明らかになったもので、9月20日の一般講演で大阪大学の西尾まゆ氏が発表した。

 西尾氏らは、長時間作用型ループ利尿薬と短時間型の予後改善効果が必ずしも明らかになっていないことから、長時間作用型ループ利尿薬であるアゾセミド(以下AM)と短時間作用型であるフロセミド(以下FM)が心不全の予後に与える影響を検討した。

 実験には収縮不全モデルであるダール食塩感受性ラットを用い、8週齢から高食塩食を与え、代償性肥大期である21週齢にAM80mg/kg/日投与群(23例)、FM40mg/kg/日群(23例)、無投薬(HE)群(16例)の3群に無作為に分け、それぞれの予後効果を評価した。投与量は予備実験をもとに、血圧に与える影響が同程度になるように設定している。

 その結果、AM群ではHF群に対して有意に生存率を改善したが、FM群では有意な改善を見なかった。45週齢では、AM群が生存率40%以上だったのに対し、FM群、HE群とも0%だった(AM群とFM群、HE群との有意差はp<0.05)。

 研究グループは、長時間型と短時間型の予後改善効果の違いについても分析を試みたが、「両者の交感神経活性に与える影響の差に基づく可能性がある」(西尾氏)と考察した。心筋組織中のノルエピネフリンの枯渇が、長時間型の投与で改善を認めたことが根拠のひとつになっている。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97