2005.09.22

【日本心臓病学会速報】 長時間作用型ループ利尿薬、短時間作用型に対し有意に慢性心不全の予後を改善−−動物実験で確認

 長時間作用型ループ利尿薬は、短時間型に比べて、慢性心不全の予後を有意に改善することが報告された。ダール食塩感受性ラットを使った動物実験で明らかになったもので、9月20日の一般講演で大阪大学の西尾まゆ氏が発表した。

 西尾氏らは、長時間作用型ループ利尿薬と短時間型の予後改善効果が必ずしも明らかになっていないことから、長時間作用型ループ利尿薬であるアゾセミド(以下AM)と短時間作用型であるフロセミド(以下FM)が心不全の予後に与える影響を検討した。

 実験には収縮不全モデルであるダール食塩感受性ラットを用い、8週齢から高食塩食を与え、代償性肥大期である21週齢にAM80mg/kg/日投与群(23例)、FM40mg/kg/日群(23例)、無投薬(HE)群(16例)の3群に無作為に分け、それぞれの予後効果を評価した。投与量は予備実験をもとに、血圧に与える影響が同程度になるように設定している。

 その結果、AM群ではHF群に対して有意に生存率を改善したが、FM群では有意な改善を見なかった。45週齢では、AM群が生存率40%以上だったのに対し、FM群、HE群とも0%だった(AM群とFM群、HE群との有意差はp<0.05)。

 研究グループは、長時間型と短時間型の予後改善効果の違いについても分析を試みたが、「両者の交感神経活性に与える影響の差に基づく可能性がある」(西尾氏)と考察した。心筋組織中のノルエピネフリンの枯渇が、長時間型の投与で改善を認めたことが根拠のひとつになっている。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48