2005.09.22

分子標的型抗がん剤エルロチニブが欧州で肺がん対象に認可 

 スイスHoffmann-La Roche社は9月21日、米OSI Pharmaceuticals社と共同開発した分子標的型抗がん剤であるエルロチニブ(商品名「Tarceva」が欧州連合で販売認可を獲得したと発表した。対象は、少なくとも1種類の化学療法がうまくいかなかった局所で進行もしくは転移性の非小細胞肺がん患者。

 エルロチニブは、上皮細胞成長因子受容体(HER1)のチロシンキナーゼを選択的に阻害することで抗がん効果を発揮する薬剤。進行性非小細胞肺がんを対象にしたフェーズ3臨床試験で生存率の向上が確認されている。エルロチニブは米国で2004年11月に非小細胞肺がんを対象に認可されているほか、カナダ、スイスでも認可を獲得している。また、米国では膵臓がんを対象に適応拡大申請も行われている。わが国では中外製薬が肺がんなどを対象にフェーズ2試験を進めている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48