2005.09.22

花王、蒸気が出る温熱シートを発売 深部が温まり、腰痛などに効果

 花王は、蒸気が出る温熱シート「めぐりズム 蒸気温熱パワー」を10月8日に発売する。約40℃の温度と蒸気の放出が5〜8時間続き、肩や首、腰、お腹を蒸しタオルのように温める。この商品は一般医療機器に分類されるため、これにより花王は初の医療機器分野進出となる。

 このシートは、鉄粉と水分を含む。空気に触れると、空気中の酸素でシートの鉄粉が酸化し、熱を発生。この熱で、シートに含まれた水分を水蒸気にする。鉄粉はシート中のパルプに漉きこんでいるため、均一に発熱する。同社の研究では、蒸気を含んだ温熱シートで肌を温めるほうが、蒸気を含まない温熱シートで温めるより、(1)温まる表面積が広くなり、(2)より深部まで温まる−−という。なお、蒸気はわずかな量なので衣服を濡らすことはない。

 この商品と類似のシートを使った順天堂大学での臨床試験では、40〜67歳の腰痛に悩む男女20人に、1カ月間1日1シートを使ってもらったところ、約半数の人で腰痛が気にならなくなったと報告されている。

 肌に貼るシート(17.3×9cm)は10枚入り、市場想定価格1000円前後。腰腹用ワイドシート(20.4×12cm)は5枚入りと専用ベルト付きで市場想定価格1500円前後の見込み。ロングタイプの専用ベルトを付けた商品や、腰腹用ワイドシート取り替え用もある。(白澤淳子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48