2005.09.22

花王、蒸気が出る温熱シートを発売 深部が温まり、腰痛などに効果

 花王は、蒸気が出る温熱シート「めぐりズム 蒸気温熱パワー」を10月8日に発売する。約40℃の温度と蒸気の放出が5〜8時間続き、肩や首、腰、お腹を蒸しタオルのように温める。この商品は一般医療機器に分類されるため、これにより花王は初の医療機器分野進出となる。

 このシートは、鉄粉と水分を含む。空気に触れると、空気中の酸素でシートの鉄粉が酸化し、熱を発生。この熱で、シートに含まれた水分を水蒸気にする。鉄粉はシート中のパルプに漉きこんでいるため、均一に発熱する。同社の研究では、蒸気を含んだ温熱シートで肌を温めるほうが、蒸気を含まない温熱シートで温めるより、(1)温まる表面積が広くなり、(2)より深部まで温まる−−という。なお、蒸気はわずかな量なので衣服を濡らすことはない。

 この商品と類似のシートを使った順天堂大学での臨床試験では、40〜67歳の腰痛に悩む男女20人に、1カ月間1日1シートを使ってもらったところ、約半数の人で腰痛が気にならなくなったと報告されている。

 肌に貼るシート(17.3×9cm)は10枚入り、市場想定価格1000円前後。腰腹用ワイドシート(20.4×12cm)は5枚入りと専用ベルト付きで市場想定価格1500円前後の見込み。ロングタイプの専用ベルトを付けた商品や、腰腹用ワイドシート取り替え用もある。(白澤淳子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:30
  2. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:40
  3. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:12
  4. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  5. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:65
  6. 採血の上達に必要なモノとは!? 病院珍百景 FBシェア数:11
  7. 家畜に大量に使われるコリスチン、その対策は? 記者の眼 FBシェア数:44
  8. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:72
  9. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:21
  10. インフルエンザ迅速検査は必須? 医師1000人に聞きました FBシェア数:1