2005.09.20

小野が導出したGSK社のCCR5阻害剤の開発計画が副作用で変更に

 小野薬品工業は9月20日、同社が創製し、英Glaxo SmithKline社(GSK社)に導出した経口CCR5受容体拮抗阻害剤(ONO-4128/873140)について、治験薬との因果関係が否定できない肝機能検査値(AST、ALT、および総ビリルビン)の異常変動が認められたことによる開発計画の変更をGSK社から通知されたと発表した。

 GSKは、米食品医薬品局(FDA)と協議した結果、2004年末に開始した既存のエイズ治療薬による治療経験がない、新規のHIV感染患者を対象とした後期フェーズ2臨床試験を中止することを決定した。また、2005年7月に開始を発表した既存のエイズ治療薬による治療経験があるHIV感染患者を対象としたフェーズ3試験は、肝機能についてのエントリー基準を厳格にするなど、プロトコールを一部変更して継続することとした。

 ONO-4128/873140は、小野薬品のゲノム研究から創製された低分子化合物で、02年12月に、小野薬品がGSK社に全世界における開発・製造・販売の権利を供与している。HIVは、ヒトCD4細胞に侵入し感染する際に共受容体を使用するが、そのひとつが、CCR5受容体。「873140」は、HIVのCCR5受容体に対して持続的に結合し、HIVの細胞への侵入を阻止する。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127