2005.09.20

ファルコバイオ、大腸腺腫リスク診断の共同研究で京都府医大、阪大と契約

 ファルコバイオシステムズは9月20日、京都府立医科大学客員講師の石川秀樹氏、大阪大学教授の松浦成昭氏と大腸腺腫リスク診断遺伝子検査の実用化を目的とした共同研究を実施する契約を締結したと発表した。契約によってファルコバイオシステムズは、この検査のわが国における独占的実施権を獲得することになる。

 石川氏らは、大腸内視鏡検査時に採取した大腸粘膜細胞内に発現している遺伝子を定量測定し、その発現量と2年後、4年後に新たに大腸腺腫が発生するリスクとの関係を明らかにしている。細胞の増殖を促進する遺伝子や細胞のアポトーシスを促進する遺伝子で、それらを組み合わせて評価し、リスクの低い群、中程度の群、高い群とに分類することができるという。同氏らは、9月14日から札幌で開催された日本癌学会でこれらの研究成果を発表した。

 締結した共同研究は、癌学会で発表されら研究成果をさらに発展させ、臨床検査として大腸粘膜細胞中の遺伝子測定を確立するためのもの。ファルコバイオシステムズでは、2006年中には、一般の医療機関から検査受託を開始する予定だとしている。まず人間ドックなどでの普及を図り、将来的には保険診療も視野に入れているという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  3. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:710
  5. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:104
  6. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:124
  7. 起立性低血圧は立って1分以内に測定すべき JAMA Internal Med誌から FBシェア数:108
  8. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:156
  9. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:511
  10. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161