2005.09.19

【日本心臓病学会速報】 第53回心臓病学会が大阪で開幕、テーマは“The Heart for the Heart” 

 第53回日本心臓病学会学術集会が9月19日、大阪市の大阪国際会議場で始まった。学術集会会長は大阪大学大学院医学研究科循環器内科学教授の堀正二氏。今回の集会のテーマは“The Heart for the Heart”。臨床心臓病学は1つの臓器としての心臓を対象とするのではなく、心臓を病んだ患者のための心臓病学でなくてはならないとし、心臓病を診る“心”の大切さを医療従事者として今一度考えてみたいとの想いがこめられている。

 シンポジウムやパネルディスカッションでは、拡張不全と収縮不全、心房細動、治療難渋性虚血性心疾患などの臨床系のテーマから、費用対効果の問題まで、幅広いテーマが取り上げられる。学会の参加者は4000人程度と予想され、口演発表とポスター発表を合わせて759題の発表が9月21日まで行われる。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:646
  2. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:257
  3. 順調に進んでいた承継話が破談になったわけ その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:0
  4. 大学病院の医師には専門業務型裁量労働制を シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:58
  5. 「ホワイト」認定を受けた病院の狙いと成果 記者の眼 FBシェア数:0
  6. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:230
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:152
  8. 厚労省に翻弄され続けた化血研、事業譲渡へ ニュース追跡◎化血研事件の顛末 FBシェア数:7
  9. 笛を吹かれる前に考えるべきことがあるだろう? 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:6
  10. 眠れない患者さんにあげたいもの 病院珍百景 FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正