2005.09.16

“ビフィズス菌が腸に届く”ヨーグルトを強化 ビフィズス菌SP株を採用、人気アップを狙う

 日本ミルクコミュニティは、「ヨープレイト 生きて届けるビフィズス菌ヨーグルト」を9月20日にリニューアル発売する。

 同社は、胃酸に弱いビフィズス菌をカプセルに閉じ込めることで、生きたビフィズス菌が直接腸に届くというコンセプトの「ヨープレイト」を約2年前に発売。販売が好調なことから、商品力を強化してさらに拡販を狙う。

 今回、カプセル内の菌をビフィズス菌SP株に変更した。従来使用してきたビフィズス菌は、ヒトでの厳密な臨床試験が行われていなかった。ビフィズス菌SP株はヒトの腸内に住む代表的な乳酸菌で、従来使用してきたビフィズス菌より整腸効果が高いという。

 また、ビフィズス菌SP株を100g中に10億以上含む同社のプレーンヨーグルト「ナチュレPRO GB」がトクホ(特定保健用食品)を取得していることから、科学的根拠もよりはっきりしたとする。

 ただし、今回の商品の菌数は公表せず、ヒトでの臨床試験も予定していないとする。同社は、「1日に1個(100g)以上食べれば、(カプセル化していない)ナチュレPRO GBと同等の整腸作用を期待できる」としている。なお、善玉菌を増やすガラクトオリゴ糖を微量(0.16〜0.24g)配合した。

 商品は1カップ(110g、105円)とパック(75g×3、210円)の2種類。カロリーは110gカップが98kcal、75gパックは67kcal。全国のスーパー、量販店で販売する予定。(熊 介子、日経ヘルス


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:342
  2. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:461
  3. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1073
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:69
  5. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  6. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:9
  7. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:85
  8. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:475
  9. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:40
  10. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:7