2005.09.15

鳥取県の日本海側海岸に1万個近い医療廃棄物が漂着 中国語表記の点滴びんなど約9800点、100本超える針付き注射器も

 今年8月中旬以降、日本海沿岸に大量の医療廃棄物が漂着しているようだ。鳥取県の海岸には、9月初旬までに、針付き注射器など1万点近くが流れ着いた。同県は、県民の生命・健康を脅かしかねないとして、国に対し、9月13日付けで、原因究明を求める要望書を提出した。

 同県循環型社会推進課によると、9月8日現在で日本海側の海岸に漂着している医療廃棄物は、9753個にものぼる。主な内容は、点滴びん、アンプル、注射器、注射針ケース、薬びん、錠剤ケースなど。注射器は3割近くが針付きだった。海上保安庁から同県が提供を受けた情報によると、同様の漂着物は山形県から九州まで広く確認されており、島根県、鳥取県で特に大量に見られているという。

 漁業やレクリエーションの際に感染の危険に曝されかねないことから、事態を重く見た鳥取県では、9月13日付けで、海上保安庁長官、外務大臣、国土交通大臣、環境大臣に宛て、片山善博知事名で、(1)国の責任における原因究明、(2)沿岸諸国に対して、廃棄者に対する厳正な措置と監視体制の要請、(3)国レベルの機関を設置しての対策、を求める要望書を提出した。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:118
  2. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:640
  3. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  4. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:69
  5. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:288
  6. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:206
  7. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:55
  8. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 高齢者の微熱、実は重篤なケースも 大井一弥の「即解!高齢者薬物治療のピットフォール」 FBシェア数:34