2005.09.14

【日本癌学会速報】 癌研と全薬工業、期待のPI3キナーゼ阻害剤の同定に成功 2007年にも臨床試験入り

 財団法人癌研究会と全薬工業の研究グループは、経口で毒性が低く、効果のあるPI3キナーゼ阻害剤ZSTK474の同定に成功した。PI3キナーゼは発がんやがんの生存、増殖、転移などに重要な役割を果たしていることから、抗がん剤の有力な標的とされている。しかし、経口で有望な化合物は今まで報告されていなかった。従来と機構の異なる全く新しい抗がん剤になる可能性があるという。

 研究成果は、癌化学療法センター分子薬理部長の矢守隆夫氏と全薬工業中央研究所薬理研究部薬効薬理研究室主任研究員の矢口信一氏らが、9月14日に札幌市で開催された日本癌学会で発表した。今後、患者を対象に、PI3キナーゼの発現量を調べるなどの研究が行われる予定で、2007年にもフェーズ1臨床試験入りする見通しだ。

 研究グループが同定したZSTK474は、最初からPI3キナーゼ阻害剤として探索されたものではない。2000以上のトリアジン誘導体を合成し、細胞ベースのスクリーニングで強い抗がん効果をまず確認して見出した。

 それを39種類のがん細胞株パネルにかけ、どのようながん細胞株に効果を与えるかを調べたところ、PI3キナーゼと同様な効果のパターンが得られたことから、PI3キナーゼ阻害剤である可能性が示された。そして、実際にPI3キナーゼを阻害する効果、PIP3の産生を阻害する効果をin vitroで確認した。

 また、in vitroとin vivoの実験からPI3キナーゼの下流のシグナル伝達経路を阻害することも確認した。コンピュータを用いた分子モデリングによる解析から、ZSTK474がPI3キナーゼのATP結合部位に特異的に配位することが予想された。

 ヌードマウスに結腸がん細胞株を移植したモデルでは、ZSTK474は強い抗腫瘍効果を示した。肺がん細胞株、前立腺がん細胞株などを移植したマウスでも同様な効果を得ることができた。しかも毒性は軽微だったという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051