2005.09.14

【日本癌学会速報】 癌学会始まる、個別化医療がメインテーマ

 第64回日本癌学会が9月14日、札幌市で始まった。あいにくの雨だが登録受付は人があふれ、すでに活気があふれている。

 今回の学会のテーマは「より個別的な治療を目指して」。会長の札幌医科大学学長の今井浩三氏は、あいさつ文の中で臨床がんに基礎医学・生物学の知見をいち早く的確に生かすという、臨床がんをいつも意識した姿勢が国民が最も期待しているものと指摘している。今こそこの学会の姿勢をさらに具現化し、がんに対する研究成果を個々人に最適に、“より個別的に”実際の医療として生かすことが最も必要としている。

 学会は特別講演4題、教育講演20題、シンポジウムが38セッションが行われる。一般演題は2200題を超える。学会は16日まで開催される。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1054
  2. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:292
  3. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:432
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:16
  5. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:0
  6. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:62
  7. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:22
  8. 天井に届いた喀血 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:1
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:49
  10. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:56