2005.09.14

【日本癌学会速報】 癌学会始まる、個別化医療がメインテーマ

 第64回日本癌学会が9月14日、札幌市で始まった。あいにくの雨だが登録受付は人があふれ、すでに活気があふれている。

 今回の学会のテーマは「より個別的な治療を目指して」。会長の札幌医科大学学長の今井浩三氏は、あいさつ文の中で臨床がんに基礎医学・生物学の知見をいち早く的確に生かすという、臨床がんをいつも意識した姿勢が国民が最も期待しているものと指摘している。今こそこの学会の姿勢をさらに具現化し、がんに対する研究成果を個々人に最適に、“より個別的に”実際の医療として生かすことが最も必要としている。

 学会は特別講演4題、教育講演20題、シンポジウムが38セッションが行われる。一般演題は2200題を超える。学会は16日まで開催される。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051