2005.09.14

【日本癌学会速報】 癌学会始まる、個別化医療がメインテーマ

 第64回日本癌学会が9月14日、札幌市で始まった。あいにくの雨だが登録受付は人があふれ、すでに活気があふれている。

 今回の学会のテーマは「より個別的な治療を目指して」。会長の札幌医科大学学長の今井浩三氏は、あいさつ文の中で臨床がんに基礎医学・生物学の知見をいち早く的確に生かすという、臨床がんをいつも意識した姿勢が国民が最も期待しているものと指摘している。今こそこの学会の姿勢をさらに具現化し、がんに対する研究成果を個々人に最適に、“より個別的に”実際の医療として生かすことが最も必要としている。

 学会は特別講演4題、教育講演20題、シンポジウムが38セッションが行われる。一般演題は2200題を超える。学会は16日まで開催される。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:8
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:14
  3. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:100
  4. その消化管出血、本当に抗血栓薬が原因ですか? 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:146
  5. “不思議ちゃん”看護師が職場にいたら うさコメント! FBシェア数:0
  6. DAPT併用にはワルファリンよりNOACが安全 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:4
  7. すっぴん出勤の理由 病院珍百景 FBシェア数:1
  8. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:123
  9. 幼少期の愛情剥奪は長期的な悪影響を及ぼす Lancet誌から FBシェア数:99
  10. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急