2005.09.14

【日本癌学会速報】 癌学会始まる、個別化医療がメインテーマ

 第64回日本癌学会が9月14日、札幌市で始まった。あいにくの雨だが登録受付は人があふれ、すでに活気があふれている。

 今回の学会のテーマは「より個別的な治療を目指して」。会長の札幌医科大学学長の今井浩三氏は、あいさつ文の中で臨床がんに基礎医学・生物学の知見をいち早く的確に生かすという、臨床がんをいつも意識した姿勢が国民が最も期待しているものと指摘している。今こそこの学会の姿勢をさらに具現化し、がんに対する研究成果を個々人に最適に、“より個別的に”実際の医療として生かすことが最も必要としている。

 学会は特別講演4題、教育講演20題、シンポジウムが38セッションが行われる。一般演題は2200題を超える。学会は16日まで開催される。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. 78歳女性。主訴:激しい胸痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:173
  3. 医療者の「献身的な労働」に甘えていませんか? 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:146
  4. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話 FBシェア数:399
  5. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:160
  6. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:606
  7. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:285
  8. いまの医師の好みはベンツよりハイブリッド車 医師1000人に聞きました FBシェア数:207
  9. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
  10. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:1