2005.09.13

マルチキナーゼ阻害型抗がん剤ソラフェニブ Bayer社、Onyx社が欧州で承認申請

 ドイツBayer社と米Onyx Pharmaceuticals 社は9月12日、腫瘍細胞と腫瘍血管系におけるセリン/スレオニンキナーゼと受容体型チロシンキナーゼの両方を標的とする初の経口マルチキナーゼ阻害剤ソラフェニブについて、Bayer社が欧州医薬品庁に承認申請を行ったと発表した。進行性腎細胞がんと腎臓がんを対象に申請したもの。

 ソラフェニブの申請は、7月に米国でも行っている。ソラフェニブはRAFキナーゼ、VEGFR-2、VEGF-R3、PDGFR-β、KIT、FLT-3、RETが含まれるがんで重要な役割を果たしているキナーゼ群を標的としている。

 今年5月に開催された米国臨床がん学会(ASCO)では、ソラフェニブのフェーズ3臨床試験の結果が発表されている。全身投与の薬剤による治療が無効だった900人以上の進行性腎細胞患者を対象にした臨床試験で、画像診断に基づく評価で、プラセボ投与群の無増悪生存期間が中央値が12週間であったのに対して、ソラフェニブ投与群では24週間に延長できた。

 Bayer社とOnyx社は、すでに治療を受けた経験のある進行腎がん患者を対象としたソラフェニブのフェーズ3試験EU ARCCS (European Advanced Renal Cell Carcinoma Sorafenib )を開始することも発表した。ドイツ、フランス、英国、スペイン、イタリア、オランダ、ポーランドを含む11カ国で今秋開始される (横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127