2005.09.12

血糖値と血中コレステロール値の両方を改善する新糖尿病薬ムラグリタザールの認可が米国で近づく 

 米Bristol-Myers Squibb社と米Merck社は9月9日、共同開発中の糖尿病薬「Pargluva」(一般名:ムラグリタザール)の認可推薦を米食品医薬品局(FDA)内分泌・代謝疾患医薬品諮問委員会から獲得したと発表した。FDAは諮問委員会の結果を参考に認可の決定を下すため、認可に向けて大きく近づいたことになる。

 PargluvaはPPARα/γ受容体作動薬で、インスリン受容体と脂質受容体の両方に作用するのが大きな特徴だ。PPARγ受容体の活性化は血糖値の低減に、PPARα受容体の活性化はHDLコレステロールの増加と血中トリグリセリドの減少に関連すると考えられている。臨床試験では、実際に血糖値の低下とともに、HDL コレステロールの上昇、トリグリセリドの減少が確認されている。しかも1日1錠の服用で済む製剤だ。両社は販売認可申請を米国で2004年12月に行っていた。Pargluvaは、わが国では前期フェーズ2試験が行われている段階だ。

 FDAの諮問委員会は、Pargluvaを単剤、または経口血糖降下薬であるメトフォルミンとの併用で、2型糖尿病患者に投与する用法について認可推薦を行った。ただし諮問委員会はスルフォニル尿素剤(SU剤)との併用は推薦しないとする決定を下した。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 小児喘息へのツロブテロール貼付剤は2週間まで 解説◎5年ぶり改訂の小児喘息ガイドライン、どこが変わった? FBシェア数:31
  2. 2040年に増える科、減る科 医師1000人に聞きました FBシェア数:9
  3. 臨床研究の「厳格化」にどう立ち向かうか ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:21
  4. 大学病院の医師には専門業務型裁量労働制を シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:107
  5. 順調に進んでいた承継話が破談になったわけ その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:0
  6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:668
  7. 「ママのお腹の中に戻って女の子に生まれ直したい」… 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:6
  8. 仕事が遅い新人看護師、時間外労働の限度は? ナースのためのアモーレ労働相談 FBシェア数:14
  9. 「転んだ後に腰が痛い」を映像化して見えたもの 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:3
  10. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:257
医師と医学研究者におすすめの英文校正