2005.09.09

寒天オリゴ糖の抗炎症作用は一酸化炭素産生酵素の発現促進による 

 タカラバイオは、寒天の主要多糖成分であるアガロースから生成される「アガロオリゴ糖(寒天オリゴ糖)」の抗炎症効果は、一酸化炭素産生酵素で抗酸化作用や抗炎症作用があるヘムオキシゲナーゼ1(HO-1)の発現を促進させることで発揮されていると発表した。

 さらに寒天オリゴ糖には炎症の発熱や痛みを引き起こすプロスタグランジンE2(PGE2)の産生抑制効果もあるが、この効果はPGE2の合成に関与するシクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)とプロスタグランジンE合成酵素そのものを阻害するのではなく、両酵素の遺伝子発現を抑制することで効果を発揮していることも見出した。どちらもin vitroの実験で確認したもので、成果の詳細は9月14日から16日に札幌市で開催される日本癌学会で発表される。

 寒天オリゴ糖の効果がHO-1の発現促進によるものであることを確認した実験は、マウスマクロファージ細胞株Raw264.7を用いて行われた。Raw264.7ではリポポリサッカライドの刺激による一酸化窒素(NO)、PGE2の産生をアガロオリゴ糖は抑制する。この系にHO-1にの発現を抑制するsiRNAを添加したところ、アガロオリゴ糖によるHO-1誘導が抑制され、またNO産生抑制作用も阻害された。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 25歳女性。外陰部の結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 「研修医にやる気がない」「教えるとウザがられる」… 学会トピック◎日本病院総合診療医学会学術総会 FBシェア数:346
  3. 10歳男児。咽頭違和感、全身掻痒感、呼吸困難 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  4. 流行ウイルスはAH3? それともAH1pdm09… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:163
  5. 「スポーツ98%です!」どういう意味か分かります… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
  6. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:34
  7. 知ってた? 一円玉はX線画像に写らない! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:200
  8. 50歳代男性。発熱、呼吸困難、左下腿疼痛 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  9. 免許更新時、認知症の診断ができないケースとは プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:16
  10. 抗菌薬の適正使用が最も進んでいる診療科は? 医師1000人に聞きました FBシェア数:57