2005.09.09

寒天オリゴ糖の抗炎症作用は一酸化炭素産生酵素の発現促進による 

 タカラバイオは、寒天の主要多糖成分であるアガロースから生成される「アガロオリゴ糖(寒天オリゴ糖)」の抗炎症効果は、一酸化炭素産生酵素で抗酸化作用や抗炎症作用があるヘムオキシゲナーゼ1(HO-1)の発現を促進させることで発揮されていると発表した。

 さらに寒天オリゴ糖には炎症の発熱や痛みを引き起こすプロスタグランジンE2(PGE2)の産生抑制効果もあるが、この効果はPGE2の合成に関与するシクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)とプロスタグランジンE合成酵素そのものを阻害するのではなく、両酵素の遺伝子発現を抑制することで効果を発揮していることも見出した。どちらもin vitroの実験で確認したもので、成果の詳細は9月14日から16日に札幌市で開催される日本癌学会で発表される。

 寒天オリゴ糖の効果がHO-1の発現促進によるものであることを確認した実験は、マウスマクロファージ細胞株Raw264.7を用いて行われた。Raw264.7ではリポポリサッカライドの刺激による一酸化窒素(NO)、PGE2の産生をアガロオリゴ糖は抑制する。この系にHO-1にの発現を抑制するsiRNAを添加したところ、アガロオリゴ糖によるHO-1誘導が抑制され、またNO産生抑制作用も阻害された。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1