2005.09.09

寒天オリゴ糖の抗炎症作用は一酸化炭素産生酵素の発現促進による 

 タカラバイオは、寒天の主要多糖成分であるアガロースから生成される「アガロオリゴ糖(寒天オリゴ糖)」の抗炎症効果は、一酸化炭素産生酵素で抗酸化作用や抗炎症作用があるヘムオキシゲナーゼ1(HO-1)の発現を促進させることで発揮されていると発表した。

 さらに寒天オリゴ糖には炎症の発熱や痛みを引き起こすプロスタグランジンE2(PGE2)の産生抑制効果もあるが、この効果はPGE2の合成に関与するシクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)とプロスタグランジンE合成酵素そのものを阻害するのではなく、両酵素の遺伝子発現を抑制することで効果を発揮していることも見出した。どちらもin vitroの実験で確認したもので、成果の詳細は9月14日から16日に札幌市で開催される日本癌学会で発表される。

 寒天オリゴ糖の効果がHO-1の発現促進によるものであることを確認した実験は、マウスマクロファージ細胞株Raw264.7を用いて行われた。Raw264.7ではリポポリサッカライドの刺激による一酸化窒素(NO)、PGE2の産生をアガロオリゴ糖は抑制する。この系にHO-1にの発現を抑制するsiRNAを添加したところ、アガロオリゴ糖によるHO-1誘導が抑制され、またNO産生抑制作用も阻害された。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:74
  2. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  3. 70歳代男性。検診の胸部X線 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. ルーチンの読影手順 正常構造をまず確認 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:26
  5. OSA患者のCPAP使用は性生活の質を改善する JAMA Otolaryngol Head Neck Surg誌から FBシェア数:23
  6. 再発で引退も…オーバートレーニング症候群 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:29
  7. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:28
  8. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待 FBシェア数:6
  9. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:100
  10. ティール組織から考える理想の組織って? 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正