2005.09.07

抗CD20キメラ抗体リツキシマブが欧州でもリウマチ対象に適応拡大申請

 スイスHoffmann-La Roche社は9月6日、キメラモノクローナル抗体製剤「MabThera」(一般名:リツキシマブ)を、抗腫瘍壊死因子(TNF)療法に不十分な反応を示した活動性関節リウマチ患者を対象として、欧州で適応拡大申請を行ったと発表した。

 リツキシマブは、米Biogen Idec社と米Genentech社が8月31日に米国で関節リウマチへの適応拡大を申請しており(米国での商品名は、「Rituxan」)、引き続いて欧州でも申請を行った。米国での申請にも使われたフェーズ3臨床試験REFLEXの結果が、欧州での申請でも利用された。REFLEXは、多施設二重盲検で24週間行われた試験。一定量のメトトレキサートとリツキシマブ、またはプラセボを投与することで行われた。

 わが国では全薬工業がリツキシマブの権利を保有しているが、関節リウマチを対象にした開発は未定だ。

 リツキシマブは、B細胞の表面にのみ存在するCD20抗原に特異的な治療用抗体で、B細胞を選択的に排除する。既に非ホジキンリンパ腫を対象に販売が認可されている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 新制度、おまえはもう… 思案橋に夜9時でよかですか? FBシェア数:37
  2. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:67
  3. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:72
  5. 頭に何かできました。もしかしてガンですか? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:33
  6. 働き方改革とは働き方の多様性を認めること シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:35
  7. 血糖値スパイクが発覚した意外な食事 堀籠淳之の「日々是精進!薬剤師道場」 FBシェア数:174
  8. 慢性便秘に対する大建中湯の効果を検証する試験が進… 学会トピック◎第14回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:86
  9. HER2陽性進行乳癌への毒性を軽減したエリブリン… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:23
  10. 一酸化炭素中毒の後遺症をMRIで予測する JAMA Neurology誌から FBシェア数:41
医師と医学研究者におすすめの英文校正