2005.09.07

英企業が新規アルツハイマー病薬のフェーズ2aを開始へ 可溶性アミロイドを減らせる可能性持つ化合物 

 炎症性変性疾患に対する治療薬を開発する英Hunter-Fleming社は、細胞保護作用を持つ化合物である「HF0220」のアルツハイマー病を対象にしたフェーズ2a臨床試験を年末までに開始する。9月7日に横浜市で開催されたバイオジャパン2005で、同社の最高経営責任者であるJames Murray氏が明らかにした。

 HF0220は7β-Hydroxy-epiandrosteroneから構成された製剤で、低酸素状態やアミロイドたんぱく質によって引き起こされる傷害から脳や心臓を保護する作用があるという。in vitroとin vivoの実験で神経保護作用を示した結果を発表した。またヒトアミロイドたんぱく質前駆体を導入したマウスに1日2回体重1kgあたり3.0μgを5日間投与すると、統計学的に有意に脳の可溶性アミロイドβたんぱく質の量を低減させることに成功しているという。アミロイドβたんぱく質低減効果の機構はよく分かっていないという。HF0220の第2世代化合物である「HF1220」の開発にも成功している。

 また、Hunter-Fleming社は、アルツハイマー病関連で別の化合物の臨床開発も進めている。ヘパリン由来のオリゴサッカライド「HF0420」がそれ。フェーズ1a試験が終了した段階だ。抗凝固作用はなく、神経の成長を刺激する作用があり、脊髄や脳の損傷を修復できる薬剤になる可能性があるという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22