2005.09.07

英企業が新規アルツハイマー病薬のフェーズ2aを開始へ 可溶性アミロイドを減らせる可能性持つ化合物 

 炎症性変性疾患に対する治療薬を開発する英Hunter-Fleming社は、細胞保護作用を持つ化合物である「HF0220」のアルツハイマー病を対象にしたフェーズ2a臨床試験を年末までに開始する。9月7日に横浜市で開催されたバイオジャパン2005で、同社の最高経営責任者であるJames Murray氏が明らかにした。

 HF0220は7β-Hydroxy-epiandrosteroneから構成された製剤で、低酸素状態やアミロイドたんぱく質によって引き起こされる傷害から脳や心臓を保護する作用があるという。in vitroとin vivoの実験で神経保護作用を示した結果を発表した。またヒトアミロイドたんぱく質前駆体を導入したマウスに1日2回体重1kgあたり3.0μgを5日間投与すると、統計学的に有意に脳の可溶性アミロイドβたんぱく質の量を低減させることに成功しているという。アミロイドβたんぱく質低減効果の機構はよく分かっていないという。HF0220の第2世代化合物である「HF1220」の開発にも成功している。

 また、Hunter-Fleming社は、アルツハイマー病関連で別の化合物の臨床開発も進めている。ヘパリン由来のオリゴサッカライド「HF0420」がそれ。フェーズ1a試験が終了した段階だ。抗凝固作用はなく、神経の成長を刺激する作用があり、脊髄や脳の損傷を修復できる薬剤になる可能性があるという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:41
  2. 叱るのが苦手…、態度が悪い職員にどう指導? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:4
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:426
  4. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:6
  5. 遠隔医療、ネット診療って儲かるの? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:29
  6. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  7. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:83
  8. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:4
  9. 在宅医療のサービス提供、評価のあり方を議論 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:67
  10. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:449