2005.09.07

英企業が新規アルツハイマー病薬のフェーズ2aを開始へ 可溶性アミロイドを減らせる可能性持つ化合物 

 炎症性変性疾患に対する治療薬を開発する英Hunter-Fleming社は、細胞保護作用を持つ化合物である「HF0220」のアルツハイマー病を対象にしたフェーズ2a臨床試験を年末までに開始する。9月7日に横浜市で開催されたバイオジャパン2005で、同社の最高経営責任者であるJames Murray氏が明らかにした。

 HF0220は7β-Hydroxy-epiandrosteroneから構成された製剤で、低酸素状態やアミロイドたんぱく質によって引き起こされる傷害から脳や心臓を保護する作用があるという。in vitroとin vivoの実験で神経保護作用を示した結果を発表した。またヒトアミロイドたんぱく質前駆体を導入したマウスに1日2回体重1kgあたり3.0μgを5日間投与すると、統計学的に有意に脳の可溶性アミロイドβたんぱく質の量を低減させることに成功しているという。アミロイドβたんぱく質低減効果の機構はよく分かっていないという。HF0220の第2世代化合物である「HF1220」の開発にも成功している。

 また、Hunter-Fleming社は、アルツハイマー病関連で別の化合物の臨床開発も進めている。ヘパリン由来のオリゴサッカライド「HF0420」がそれ。フェーズ1a試験が終了した段階だ。抗凝固作用はなく、神経の成長を刺激する作用があり、脊髄や脳の損傷を修復できる薬剤になる可能性があるという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 矛盾抱えた「患者申出療養」はどこへ行く? リポート◎治験でも先進医療でもない第3の混合診療 FBシェア数:34
  2. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  3. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:133
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. どうやって個人型確定拠出年金で節税するの? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:3
  6. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:241
  7. 北大病院がインドの病院と国際協定を結んだワケ リポート◎脳神経外科を中心に技術交流をスタート FBシェア数:47
  8. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:611
  9. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  10. 70歳代男性。便潜血反応陽性 日経メディクイズ●内視鏡 FBシェア数:0