2005.09.07

英企業が新規アルツハイマー病薬のフェーズ2aを開始へ 可溶性アミロイドを減らせる可能性持つ化合物 

 炎症性変性疾患に対する治療薬を開発する英Hunter-Fleming社は、細胞保護作用を持つ化合物である「HF0220」のアルツハイマー病を対象にしたフェーズ2a臨床試験を年末までに開始する。9月7日に横浜市で開催されたバイオジャパン2005で、同社の最高経営責任者であるJames Murray氏が明らかにした。

 HF0220は7β-Hydroxy-epiandrosteroneから構成された製剤で、低酸素状態やアミロイドたんぱく質によって引き起こされる傷害から脳や心臓を保護する作用があるという。in vitroとin vivoの実験で神経保護作用を示した結果を発表した。またヒトアミロイドたんぱく質前駆体を導入したマウスに1日2回体重1kgあたり3.0μgを5日間投与すると、統計学的に有意に脳の可溶性アミロイドβたんぱく質の量を低減させることに成功しているという。アミロイドβたんぱく質低減効果の機構はよく分かっていないという。HF0220の第2世代化合物である「HF1220」の開発にも成功している。

 また、Hunter-Fleming社は、アルツハイマー病関連で別の化合物の臨床開発も進めている。ヘパリン由来のオリゴサッカライド「HF0420」がそれ。フェーズ1a試験が終了した段階だ。抗凝固作用はなく、神経の成長を刺激する作用があり、脊髄や脳の損傷を修復できる薬剤になる可能性があるという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:298
  3. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:434
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:779
  5. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:94
  6. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  7. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:2
  8. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  9. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:90
  10. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22