2005.09.07

【欧州心臓病学会速報】 日常診療に即したセッションが大盛況

 スウェーデンのストックホルムで開催中の第27回欧州心臓病学会(ESC)2日目の9月4日、初の試みとして、「Meet the Experts」と題した3つのセッションが開催された。

 日常診療でよく出会う心疾患の患者にどう対応すればよいかに焦点を当て、具体的に専門医の話を聞こうという目的で開催されたもの。3つのテーマは「心房細動が新たに見つかった患者の管理」「非代償性心不全の患者の管理」「ST上昇の急性冠症候群の患者の管理」で、それぞれ2例の症例が紹介され、その治療方針などについて司会から投げかけられる質問に、3人の専門医が答える形でディスカッションが行われた。

 ディスカッションでは、「私は経過をみた方がよいと思う」「もう治療を始めるべきだ」などと活発な意見が出され、治療薬の選択についても具体的に挙げながらの議論となった。「あなたはどう思いますか?」と会場の挙手を求めるなど、終始和やかな雰囲気で議論が進んだ。

 すべての会場は立錐の余地もないほどの大混雑で、入り口の係員が入ろうとする人を「満席です」と制止するほど。循環器系の学会といえば、大規模臨床試験の結果発表の場というイメージが強いが、より具体的で日常診療に即した内容を参加者は求めているといえそうだ。(小又理恵子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176