2005.09.07

【欧州心臓病学会速報】 日常診療に即したセッションが大盛況

 スウェーデンのストックホルムで開催中の第27回欧州心臓病学会(ESC)2日目の9月4日、初の試みとして、「Meet the Experts」と題した3つのセッションが開催された。

 日常診療でよく出会う心疾患の患者にどう対応すればよいかに焦点を当て、具体的に専門医の話を聞こうという目的で開催されたもの。3つのテーマは「心房細動が新たに見つかった患者の管理」「非代償性心不全の患者の管理」「ST上昇の急性冠症候群の患者の管理」で、それぞれ2例の症例が紹介され、その治療方針などについて司会から投げかけられる質問に、3人の専門医が答える形でディスカッションが行われた。

 ディスカッションでは、「私は経過をみた方がよいと思う」「もう治療を始めるべきだ」などと活発な意見が出され、治療薬の選択についても具体的に挙げながらの議論となった。「あなたはどう思いますか?」と会場の挙手を求めるなど、終始和やかな雰囲気で議論が進んだ。

 すべての会場は立錐の余地もないほどの大混雑で、入り口の係員が入ろうとする人を「満席です」と制止するほど。循環器系の学会といえば、大規模臨床試験の結果発表の場というイメージが強いが、より具体的で日常診療に即した内容を参加者は求めているといえそうだ。(小又理恵子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:288
  5. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:8
  6. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:11
  7. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:202
  8. 血中トランス脂肪酸高値は日本人でもCVリスク 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:202
  9. 地域医療構想の未来とお座敷遊び「とらとら」と 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:0
  10. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0